令和初「芥川賞・直木賞」候補作発表 芥川賞は古市憲寿が連続選出、直木賞6作はすべて女性作家

『百の夜は跳ねて』で161回芥川龍之介賞にノミネートされた古市憲寿  日本文学振興会は17日、令和初となる「第161回芥川龍之介賞・直木三十五賞」の候補11作を発表した。前回に続き、社会学者の古市憲寿氏(34)が『百の夜は跳ねて』で芥川賞に連続ノミネートされ、直木賞の[……続きへ]