宮本亜門氏 がん手術で心境変化「他人の痛みを分かるようになった」

宮本亜門氏(左)と高田賢三氏  演出家の宮本亜門氏(61)が12日、都内で行われたオペラ「蝶々夫人」の制作発表会見(公益財団法人東京二期会主催)に出席した。宮本氏は先月22日に前立腺がんの摘出手術を受け今月1日に退院したばかりで、それ以降、初の公の場となった。  長崎[……続きへ]