やっぱりかぁぁぁ! 「攻殻機動隊 SAC_2045」、キャラデザはイリヤ・クブシノブ

新たに公開された素子のビジュアル

 Netflixで2020年配信予定の「攻殻機動隊」新作アニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」で、素子の新たなビジュアルが解禁。キャラクターデザインをロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブが担当することも併せて発表されました。

【画像】素子の上半身ビジュアル

 フル3DCGアニメーションで制作される同作は、作品タイトルからも分かるようにシリーズで最も遠い未来である2045年が舞台。2017年4月にProduction I.Gから制作が発表され、その後2018年12月にNetflixでの独占配信となることが明かされていました。

 2018年12月の発表時、それまでの雰囲気とは異なる草薙素子のビジュアルが公開されると、そのタッチなどからイリヤ・クブシノブによるものではないかという声があがっていました。今回の発表に併せ、イリヤは以下のような“攻殻愛”にあふれるコメントを寄せています。

日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊』がきっかけです。「こういう素敵な作品を作りたい!」という思いから、日本で活動することを決めました。私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています。

 イリヤは日本在住で、最近では「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」などで知られる“大人が泣けるアニメーション”の巨匠、原恵一監督の最新作「バースデー・ワンダーランド」でもキャラクター兼ビジュアルを担当していました。

ねとらぼ

【関連記事】

  • 舞台は前作の約10年後 “攻殻”新作アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」、Netflixで2020年配信決定!
  • 魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”
  • 神山健治×荒牧伸志両監督に聞く、「ULTRAMAN」からにじみ出る“特撮感”と“オールドスクールなこだわり”
  • 「トグサに相合傘誘われたなぅ」 田中敦子と山寺宏一の“デートなう写真”公開でバトーさんが心配される
  • 新たな「攻殻機動隊」アニメが電撃発表! 「攻殻SAC」神山健治、「アップルシード」荒牧伸志によるダブル監督
らぼ