湯浅政明×松本大洋×野木亜紀子、『平家物語 犬王の巻』をアニメ映画化 「これは面白くなるしかない」

(写真:ねとらぼ)

 古川日出男さんの小説『平家物語 犬王の巻』(河出書房新社)が「犬王」としてアニメ映画化されることが決定。アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」「きみと、波にのれたら」などで知られる湯浅政明監督と『ピンポン』『東京ヒゴロ』などで知られる漫画家・松本大洋さんが、「ピンポン THE ANIMATION」以来約5年ぶりにタッグを組み、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」などの野木亜紀子さんが脚本を手掛け、“能楽”を題材とする同作をミュージカル・アニメーションとして映像化します。

【画像】原作の装画は松本大洋

 『平家物語 犬王の巻』は、軍記物の名作を現代語訳した古川さんの『平家物語』に連なる物語。南北朝~室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王と琵琶法師・友魚との切ない友情が描かれます。

 自身初となる能楽のアニメーション化に挑戦する湯浅監督は、「歴史にはわずかにしか書き記されていない、『犬王』という猿楽師を大胆に解釈された古川さんの物語。野木さんの脚本。松本さんのイメージ。・・・これは面白くなるしかないですね。楽しみにしててください!」と胸を高鳴らせている様子。

 原作の装画も務め、初となる小説原作のキャラクター原案を務める松本さんは、「湯浅監督はじめ作品に関わる人間が楽しんで作ることができたら、きっとすごいアニメーションになると期待しています。僕も邪魔にならないように、少しでも力になれたら嬉しい」と湯浅監督との2度目のタッグに意気込んでいます。

 さらに、初のアニメーション映画脚本を手掛ける野木さんは、「アニメ表現は無限であり実写の何倍も出来上がりの予想がつきません。松本さんのキャラクターと湯浅監督が織りなす『犬王』がひたすらに楽しみです」と期待を寄せているようです。

 「犬王」は2021年に公開予定。アニメーション制作は、湯浅監督が代表取締役を務めるサイエンスSARUが担当します。

(C) “INU-OH” Film Partners

ねとらぼ

【関連記事】

  • 湯浅政明監督、最新作「きみと、波にのれたら」を発表 「『ルー』とちょっとつながっているところが」と気になる一言も
  • 『映像研には手を出すな!』が湯浅政明監督によりテレビアニメ化! 浅草氏が動くティーザーPVが公開
  • アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」12月公開決定 原作から30年ほど経過した2020年が舞台
  • 「ピンポン」アニメ化 ノイタミナで4月スタート
  • 湯浅政明監督、初の完全オリジナルアニメ映画「夜明け告げるルーのうた」が5月19日公開 人魚と少年の交流を描く物語
平家物語