磯村勇斗の“バックハグ”料理指導にファン悶絶「心臓何個あっても足りない」<御曹司ボーイズ>

6/12(水) 14:08配信

料理上手としても知られる磯村勇斗

AbemaTVで毎週日曜夜10時から放送中のオリジナル連続ドラマ「御曹司ボーイズ」。第15話、第16話が6月9日に放送され、陸(磯村勇斗)が麦(平祐奈)を“バックハグ”し料理を教えるシーンに視聴者は大興奮した。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】麦(平祐奈)をバックハグ…耳元でささやく陸(磯村勇斗)に悶絶

本作品は、ごく普通の女子高生・麦がひょんなことから恋愛リアリティショー番組に出演することになり “御曹司の花嫁”の座をめぐって繰り広げる、“サバイバル玉の輿コメディドラマ”。

前回、散々な結果となってしまった2ショットデートを受け、次々に番組辞退を申し出た女子メンバーたちだが、プロデューサーの巧(染谷俊之)に「このままみんなに会えないままでいいのか?」と説得され、7人全員で番組企画のキャンプに参加することに。キャンプでは、ボーイスカウト経験がある陸が“鬼軍曹”と化しメンバーに厳しく指示を出す。

薪割り、水くみ、火起こしの共同作業を3組に分かれて行う指令が課されると、陸はタッセイ(山本涼介)&優(岡本夏美)ペア、テル(稲葉友)&ふみの(武田玲奈)ペア、大雅(飯島寛騎)&麦ペアに振り分け、気まずくなっていたメンバーに仲直りをする機会を作る。

さりげなくメンバーを気遣う“鬼軍曹”陸の華麗な仕切りに、視聴者からは「鬼軍曹、見事なオペレーション」「何でも命令されたいし、どこまでもついていきたい!」など興奮の声が寄せられた。

当日が誕生日の優のためにサプライズを企てるメンバーたちはそれぞれ準備を進めるが、料理経験があまり無い麦はジャガイモの皮むきに苦戦。すると、陸が麦の背後に回り込み、“バックハグ”の状態で「ゆっくりでいいから、頑張って」と優しく耳元でささやきながら包丁さばきを教えるのだった。

料理上手としても知られる磯村演じる陸の“バックハグ”での料理指導シーンに、視聴者から「心臓何個あっても足りない」「陸さま(磯村)の低音ボイス耳元で聞いて無事だった麦ちゃん(平)強すぎる」など、悶絶するコメントが寄せられた。

キャンプを楽しんでいる中、大雅と陸はメンバーたちを呼び出し、「このリアリティショーは俺たち4人を次世代の経営者として世の中に認識させるための壮大なCMだったんだ」と番組の本当の目的を説明し謝罪した。

「なんにも知らずに必死になって。馬鹿丸出しで恥ずかしい」と涙を流す女子メンバー。そんな中タッセイが、「いま、俺は変わりたいと思ってる。それは紛れもなく、君に出会えたからなんだよ。僕は、君が好きです」とふみのに気持ちを伝えた。

続いて、テルも優のもとへ。「僕は君に出会えて本当に幸せだと思ってる。僕は、君が好き」と告白。

さらに、麦を呼び出し二人きりになった大雅は、陸と椿の背中の火傷にまつわる過去を語り、「陸は(過去の事件の)責任をとろうとしている。まだ自分を責めているんだ」と陸が椿の言いなりになる理由を打ち明けた。そして、「陸は君のことが好きだよ、それだけは間違いない」と訴え、「俺も、君が好きだ」と告白した。

■ 次回最終回!麦はどちらを選ぶ?

6月16日(日)放送の最終回・第17、18話の次回予告では麦のウエディングドレス姿も公開された。麦が陸と大雅どちらを選ぶのか、運命の“公開プロポーズ”の行方に注目が集まっている。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 右派?左派?“磯村勇斗横顔論争”がファンの間で勃発!? <御曹司ボーイズ>
  • 平祐奈&磯村勇斗の加工SHOTに“逆転”反響「本物の方がかわいいから…笑」
  • 岡本夏美“初ウエディング”SHOTに大反響「天使みたい」「パーフェクト」
  • 磯村勇斗が宇宙に行ったかのような画像を公開!「御曹司ボーイズ」SNS限定企画 
  • ドS磯村勇斗の“デレ”姿に悶絶!「このギャップは罪」「可愛いそして愛おしい…」<御曹司ボーイズ>
ファン悶絶