志らく “老後2000万円不足”報告書受け取り拒否の麻生大臣に「いくらなんでもめちゃくちゃ。コントか」

立川志らく

 12日に放送されたTBS系「ひるおび」では、金融庁が発表した「老後2000万円不足」の報告書を麻生太郎副総理兼財務相(78)が受け取り拒否したことを特集した。

 金融庁によると、年金だけを収入とする無職の高齢夫婦の家計では毎月の赤字額は約5万円で、蓄えを取り崩しながら、30年間生きるとすると、およそ2000万円の貯蓄が必要だと報告。これに対してネット上などで将来への不安の声が広がった。

 すると麻生氏は11日に「世間に著しい不安とか誤解とかいろいろ与えているとのことで、これまでの政府の政策スタンスとも異なっているので、担当大臣としてはこれは正式な報告書としては受け取らない」と発表した。

 これに対して落語家の立川志らく(55)は「この件はいくらなんでもひどい。『2000万が独り歩きした』『国民の不安をあおる』って麻生さんが最初に言ったからでしょう。それを当人が受け取らないと言い出す」とコメント。

 続けて「ずさんだというならば、もう一回ちゃんと計算して発表してもらいたい。実際はどうなのかを知りたいわけだから。それをずさんだからと突っぱねるのは、いくらなんでも、これがまかり通るとしたら、めちゃくちゃ」と指摘。「金融庁の人が自分で言っておいて、それを受け取らないって訳がわからない。コントかと思いました」とあきれた。

【関連記事】

  • 志らく また高齢ドライバーの死亡事故に「法整備をするしかない」
  • 志らく 金融庁の“老後2000万円不足”発表に怒り「年金詐欺みたいなもん」
  • 八代英輝弁護士 田口容疑者の覚醒剤使用に関心
  • 志らく 49歳元バイトの不適切動画に怒り「人間が壊れている」
  • 麻生太郎 、 立川志らく 、 ひるおび を調べる
東スポWeb