山田孝之がアダルト業界の風雲児・村西とおるの半生演じる『全裸監督』特報解禁

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』ティザーキーアート

 俳優の山田孝之が主演を務め、“AVの帝王”村西とおるの半生を描くドラマ『全裸監督』より、特報映像が解禁。併せてティザーキービジュアルも公開された。

【写真】『全裸監督』主演の山田孝之

 本作は、本橋信宏著『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を実写化。アダルトビデオ草創期の1980年代に“AVの帝王”と呼ばれた村西とおると仲間たちを中心に、村西を利用しようとする者や敵対する者、警察などとの攻防をユーモアたっぶりに描くエンターテインメント作品。Netflixオリジナルシリーズの制作で、総監督を映画『百円の恋』『銃』の武正晴が務める。

 1980年。会社は倒産し、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西(山田)は、アダルトビデオに勝機を見出し、仲間のトシ(満島真之介)、川田(玉山鉄二)らとともにAV界へ殴り込む。一躍業界の風雲児となるが、商売敵の妨害で絶体絶命の窮地に立たされる村西たち。そこへ、厳格な母の元で本来の自分を押し込めていた女子大生・恵美(森田望智)が現れる。ふたりの運命的な出会いは、社会の常識を根底からひっくり返していくのだが…。

 公開された特報映像は、「わたくしの世界をのぞいてみませんか」と、山田演じる村西がビデオショップのAVコーナーのカーテンを開くシーンから始まる。白いブリーフ姿でカメラを担ぎ、「アクション!」という掛け声をきっかけに、撮影に走りまわる村西と仲間たち。その合間には、札束が舞うディスコや、シャンパンタワーといった、バブル時代の光景や、怪しい連中の姿も。本気で時代を変えようとした若者たちの熱い思いの片りんを捉えた映像となっている。

 同じく解禁となったティザーキーアートは、タイトル通りの姿でディレクターズチェアに座り、不敵な笑みを浮かべてこちらを見つめる村西監督の姿が大きく映し出され、その下には、所どころモザイク加工された『全裸監督』のロゴが配置されている。特報同様、”ただ者ではない”様子に、期待が膨らむビジュアルとなっている。

 ドラマ『全裸監督』はNetflixにて8月8日より全世界独占配信。

【関連記事】

  • 【動画】ドラマ『全裸監督』特報
  • 【写真】「満島真之介」フォトギャラリー
  • 【写真】「玉山鉄二」フォトギャラリー
  • 小栗旬、高所恐怖症を告白 CM共演の山田孝之は「知らなかった」
  • 5.27は<ドラゴンクエストの日>映画最新場面カット&佐藤健らコメント到着
全裸監督