GLAY令和初ツアー名古屋上陸「いつまでもこの4人で頑張ります」

名古屋公演を行ったGLAY

 ロックバンド「GLAY」の全国ホールツアー「GLAY LIVE TOUR 2019―SURVIVAL―令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE」の名古屋公演が15日、名古屋国際会議場センチュリーホールで行われた。

 会場を埋め尽くした3000人のファンは1曲目から総立ち。「SURVIVAL」「ここではない、どこかへ」など、平成を代表する名曲の数々に会場は興奮のるつぼと化した。

 GLAYにとって令和元年はメジャーデビュー25周年となる。12日の静岡公演から始まった今回のツアーは16日も同所で行われ、6月25、26日の福岡公演まで全国12か所で開催。8月17、18日には埼玉・メットライフドームで2日間のドーム公演を行うなど、平成を代表するモンスターバンドは令和になっても精力的にライブ活動を行っていく予定だ。

「いつまでもこの4人で頑張ります。これからも楽しさを皆さんにたくさん届けて、みんなが踏ん張れる力になれたら。令和もよろしくお願いします」。ボーカル・TERU(47)の言葉に満員の会場は大きな拍手に包まれた。

【関連記事】

  • GLAYのTERU 函館震度6弱の地震で実家・母親ともに「無事」報告
  • 「GLAY」 ソウル公演に続きバンコク公演も中止
  • SUPERNOVA 10年前の思い出の地に凱旋「お久しぶりで~す!」
  • ガンダム&シャアザクついに宇宙へ 東京五輪アスリートに応援メッセージ
  • GLAY 、 TERU 、 ここではない、どこかへ を調べる
4人