セクハラ&パワハラ問題を解決した向井理に「こんな上司が欲しい!」/「わたし、定時で帰ります。」第5話

イメージ画像(ペイレスイメージズ/アフロ)

吉高由里子が主演を務めるTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第5話が、5月14日に放送された。派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)へのセクハラ&パワハラ問題を、種田晃太郎(向井理)が見事解決してみせた。

【無料配信】「わたし、定時で帰ります。」最新話を配信中>>

「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子の同名お仕事小説が原作。長時間労働やサービス残業、その先に起こりうるかもしれない過労死。今作は、社会人の持つべき“ライフワーク・バランス“について描く。ウェブ制作会社で働く結衣(吉高由里子)は、入社以来、残業ゼロの生活を貫いてきた。しかし、さまざまな曲者(くせもの)たちが結衣の前に立ちはだかる。

制作4部のメンバーたちは、クライアントのスポーツメーカーであるランダー社から、20周年サイトのデザインを急きょ作り直すよう求められた。ランダー社の中西(大澄賢也)は、「桜宮さんに任せておけば問題なし!」と意味ありげな笑顔を見せた。中西たちの飲み会に頻繁に参加する桜宮を結衣は心配に思うが、桜宮は「人にはそれぞれの働き方がある」とし、結衣に弱みを見せなかった。

しかし、桜宮が中西にさせられたことを知って、結衣は「殴り込み上等」と激怒。中西に対して「セクハラ、あるいはパワハラをしないでください!」と主張したが、中西は、「口の聞き方気をつけろよ」と逆ギレ。そこで種田は一計を案じ、その場を見事に乗り切った。

桜宮へのセクハラに対して、ネット上では「リアルすぎてイライラした」「ああいうクソ男少なくないんだろうな」「ストレスがやばい!」と大ブーイング。しかし、クールに全てを解決した種田に、ネット上では「かっこよすぎんですけど!」「こんな上司が欲しい!」「種田さん完璧すぎる」「本当にスッキリしました!」と称賛の声が寄せられていた。

(文/沢野奈津夫@HEW)

【関連記事】

  • ギャル曽根が夫に送った“怒涛のLINE 28通“が「怖すぎる」と話題(2019年5月15日(水) 20:59まで)>>
  • “美魔女コスプレイヤー“が、ゲーム「ベヨネッタ」のキャラクターに>>
  • マッチョすぎる女芸人、ボディビル世界大会入賞した時の“キレッキレ筋肉写真“を披露>>
  • 【インタビュー】“世界2位の美ボディ“柳本絵美は、元ぽっちゃり体形「整形を疑われた」>>
  • ゴルフ歴2年のギャルがベストスコア84!“インスタゴルフ女子“が美腹筋を披露>>
向井理