ジェジュン驚異の5日連続トップ3内!「アナザースカイ」出演の反響続く【視聴熱TOP3】

5/15(水) 18:05配信

5月10日放送の「アナザースカイⅡ」にゲスト出演したジェジュン。放送後も動画配信サイトの日テレ無料やHuluでの見逃がし視聴や、リピート視聴などで反響が続いている

webサイト「ザテレビジョン」では、5月14日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】指原莉乃が「今いる人類で1番カワイイ女」として齊藤なぎさを紹介した「しゃべく007」も反響が続いている

1位「アナザースカイII」(毎週金曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)5450pt

5月10日の放送に、2018年から日本でのソロ活動を開始したジェジュンがゲスト出演。動画配信サイトの日テレ無料やHuluでの見逃がし視聴や、リピート視聴などで反響が続いている。

ジェジュンの“アナザースカイ”は香港。今回、アジア・フィルム・アワードの受賞で訪れたが、これまで幾度となく来ても観光はしたことがなかったため、初めて街中を歩き、有名な観光スポットやグルメを楽しんだ。

そんな中、アジア・フィルム・アワードで会った所属事務所の先輩・渡辺謙から聞いたエピソードがジェジュンの新たな原動力に。

「自分が一番気に入っている作品は10年で1回あれば、渡辺さんの中では成功と言えると。あんなに素晴らしい方でも10年に1個出るか出ないかっていうことを考えているのがすごいと思って。いま、30歳になったので、『これからじゃない?』ということで」と語った。

また、続いてジェジュンが訪れたのは、東京の目黒川。日本で最初に住んだ場所の近くだという。そこでは、なぜ日本の活動を選んだのかを問われたジェジュン。

「徴兵に行ってきて、本当の幸せって何だろうとか、何の楽しみを求めて今がんばろうとしているんだろうとか考えて。だいたい8~9年ぐらい日本に来なかったんですけど、その間、まったく会えていないのに、遠くからずっと熱い応援を送ってくれるファンの皆のために、日本国内でできれば何でもやってみたい。いろんな形のものをつくって皆にプレゼントしたい」と語った。

2位「マツコの知らない世界」(毎週火曜夜8:57-10:00、TBS系)4986pt

5月14日は「アスパラガスの世界」と「万年筆インクの世界」を放送。

「アスパラガス―」は、年間3000本のアスパラガスを食べるというアスパラガス専業農家の男性が、その魅力を語った。

春が旬であるアスパラガスだが、いまだに病気など未解明な部分が多いという。種を植えてから初収穫まで3年かかったり、手作業で収穫しなければならなかったりと、扱いが難しく、農家としては“赤字野菜”。

マツコ・デラックスはそんな生態に驚きつつ、さまざまな品種のアスパラガスの味わいや農家の妻直伝の料理を堪能した。

「万年筆インク―」には、2000種類の万年筆インクの見本帳を手作りする男性が登場。全世界で4000を超える種類があり、文具業界も注目しているという万年筆インクの中から、香り付きやご当地ものなどのインクを紹介した。

そして、最後はマツコがオリジナルインク作りに初挑戦。通常、万年筆インクは色によって濃度が違うため、同じブランドでも混ぜてはいけないが、混ぜてもいいというフランス製の万年筆インクがマニアの間で話題沸騰中だという。

36色の中から3色を選んで完成したオリジナルインクを使い、紙に「命名 土留色(どどめいろ)」と書いたマツコだったが、視聴者からは「いい色」との声も。

また、今回、色とりどりの美しさが多くの人を魅了し、“インク沼”にはまりそうという感想も上がった。

3位「しゃべくり007」(毎週月曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)3131pt

5月13日の放送は、指原莉乃とファンキー加藤がゲスト出演した。

4月28日にHKT48を卒業した指原。卒業後に解禁したいこととして、ラーメン、引っ越しと共に、恋愛を挙げると、進行を務めたくりぃむしちゅー・上田晋也から「1番解禁したいの、これだろ」とツッコまれ、さらに有田哲平から「引っ越しは、そこも含めて考えなきゃいけないもんね」と言われて指原は大爆笑だった。

また、中学生の時以来デートをしていないという指原は、ベタなデートがしたいと、バイクのサイドカーに乗る例を出した。すると、しゃべくりメンバーから「そんなデート聞いたことない」「何にもしゃべれんで」とツッコまれまくりだった。

その後、「ダイヤの原石総選挙007」と題し、アイドルのプロデュースもする指原がプロデューサー目線で選んだスターの卵として、指原が「今いる人類で1番カワイイ女」と称した齊藤なぎさが登場。

指原がプロデュースする「=LOVE(イコールラブ)」のメンバーである齊藤のチャームポイントについて、「とにかく、ファンの人に対してもちゃんと気持ちを伝えることができて、すごい、好き~って言うんだよね」と指原。それを受けて「大好きって言って、その人を好きにさせちゃう」と語った齊藤に、上田は「君、15歳にして魔性の女だな」と驚いていた。

齊藤が握手会の再現をすることになると、熊本県出身の有田に対しては「大好きばい」と方言を使い、チュートリアル・徳井義実には「大好きです」の言葉と共にウィンクを。2人ともメロメロになっていたが、SNSでも「かわいすぎ」と大反響を呼んだ。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • “俺スカ”のチア美少女・箭内夢菜、ウインク&キス顔SHOTに称賛殺到!「美少女度が上がりすぎてる」
  • 本田翼(杏)の“笑顔”が視聴者魅了!「これで1週間がんばれる!!」<ラジエーションハウス>
  • 山崎賢人主演映画「キングダム」が興収40億円を突破!
  • 島袋聖南、黒木ひかりら総勢200人が沖縄のビーチで“朝ヨガ”
  • 中居正広も心配!酒&パチンコに溺れる自堕落アイドル・岩村なちゅの生活ぶり
視聴熱TOP3