「攻殻機動隊」押井守監督の新作アニメーションが制作決定! “構想10年”の意欲作が2020年に放送予定

押井守監督

 「攻殻機動隊」や「パトレイバー」シリーズなどで知られる押井守監督が原作、脚本、総監督を務める新作アニメーションの制作が決定。同作は、新設されたアニメ制作会社「いちごアニメーション株式会社」の独占出資となっています。

【画像】押井監督が手掛けた「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」

 秋葉原にある商業施設「AKIBA カルチャーズ ZONE」を保有する不動産会社「いちご株式会社」は5月15日、「いちごアニメーション」の設立及び、同社の処女作として押井監督による新作アニメーションの制作を発表。同作は、押井監督が10年間構想を重ねた意欲作とのことで、2020年春から初夏ごろに放送、配信が予定されています。まだ全てが謎だけど、構想10年は期待するしかない!

 押井監督は、1983年にアニメ映画「うる星やつら オンリー・ユー」で劇場映画監督デビューを果たすと、その後も「機動警察パトレイバー the Movie」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」など多くの劇場作品を手掛けてきました。2018年には、夢枕獏さんの小説『キマイラ』のアニメ映画でも監督を務めることが発表されています(公開日は未定)。

ねとらぼ

【関連記事】

  • 押井守が夢枕獏原作『キマイラ』をアニメ映画化決定! さらに押井監督による「学園ファンタジー」実写映画も進行中?
  • 魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”
  • 押井守監督の短編が2017年公開決定
  • 押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に
  • ニュースサイト「BUZZAP!」、押井守作品の違法アップロード動画を記事で紹介 「大胆なことされますね」と押井メルマガが指摘
2020年