セクハラに対抗! 吉高由里子&向井理に称賛の声 『わたし、定時で帰ります。』第5話

(左から)吉高由里子、向井理

 女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が14日放送。派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)にセクハラ行為を繰り返す取引先を対処した結衣(吉高)と種田(向井理)に「種田さん、惚れてまうやろ」「東山の感覚は本当に好き」と称賛の声が集まっている。

【写真】セクハラに立ち向かう、吉高由里子&向井理 『わたし、定時で帰ります。』第5話場面写真

 ランダー社から20周年サイトのデザインが「ピンとこない」と言われてしまった制作4部。困り果てる結衣たちだったが、中西(大澄賢也)らに「桜宮さんに任せておけば問題なし!」と笑顔で言われ、桜宮との関係を不審に思う。

 実際桜宮はランダー社の飲み会へ頻繁に招待されており、「ランダーの社員に桜宮がセクハラされている」という匿名の通報があったほど。結衣は仕事のために自分を犠牲にする彼女に対し「そういうのは好きじゃないよ」と告げるが「仕事が終わるまでの我慢」とお茶を濁されてしまう。「気を持たせるくらいのほうが仕事がうまくいく」スタンスの桜宮は、今までずっとこのような仕事のやり方をしてきたのだ。

 そんなある日、桜宮は中西に電話で呼び出され、「試作品のモニターに」と肌の露出の多いウェアを着てランニングするように言われる。その様子を撮影していたランダー社の草加(田本清嵐)に動画を見せられた結衣は怒り心頭。ランダー社へ打ち合わせ、もとい殴り込みに向かうのだが…。

 セクハラやパワハラという、労働において最も身近と言っても過言ではない問題を取り上げた第5話。自分の技術に対する自信のなさから接待をやめられない桜宮に「実際桜宮さんみたいな人、たくさんいると思う」「若い頃に笑顔で流してしまったセクハラとかを思い出して苦しくなってしまった」と共感する視聴者が相次ぎ、どこか現実とリンクするドラマの展開に「『断ると雰囲気が…』ってなったら、その会社がそもそもおかしい」などの議論が多数飛び交っていた。

 そんな桜宮に対しハッキリと、しかし相手のことを思って意見を言った結衣や、ランダー社との関係を切るように水面下で手をまわしていた種田の行為が明らかになると「種田さん」がトレンド入りするほどSNSは大盛り上がり。「正面切って言ってくれた吉高と準備万端で部下を守った向井理がもう最高だった」「会社の人間としてあの種田さんのようになりたい」「全ての上司に見てもらいたいドラマ」といった大きな反響が寄せられている。

【関連記事】

  • 【写真】セクハラに立ち向かう、吉高由里子&向井理 『わたし、定時で帰ります。』第5話場面写真
  • 【写真】頼まれると断れない桜宮さん(清水くるみ)
  • 吉高由里子、夢なき同僚に放った“名言”に視聴者拍手『わたし、定時で帰ります。』第4話
  • 吉高由里子を導く向井理が“理想の上司”と話題 『わたし、定時で帰ります。』第3話
  • 中丸雄一から吉高由里子へのプロポーズに胸キュン 『わたし、定時で帰ります。』第2話
セクハラ