捜査当局を困惑させたピエール瀧被告の“行動”

ピエール瀧被告  6月5日の初公判を控える電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則被告の“ある行動”が捜査当局を困惑させているという。  コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された瀧被告は4月4日に保釈保証金400万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈さ[……続きへ]