横浜流星、クライマックス撮影前に大ケガ 痛み止め「めちゃくちゃ飲んだ」

(左から)映画『チア男子!!』完成披露試写会に登場した横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹

 映画『チア男子!!』(5月10日公開)完成披露試写会が15日、都内で行われ、ダブル主演を務めた横浜流星、中尾暢樹をはじめ、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、風間太樹監督が出席。同作撮影中、主演を務めた横浜が大ケガを負ったことが共演者から明かされた。

【写真】映画『チア男子!!』完成披露試写会フォトギャラリー

 クライマックスのチアシーン撮影の話題におよぶと、浅香が「言おうか迷ったけど、流星が最後のチア撮影の前、大ケガをしてしまって」と告白。横浜は笑いながら「たいしたことじゃない」としたが、共演者は「いや、たいしたことあったから」「マジで焦った」と口々に振り返った。浅香も「映画、とんだなって思った。お蔵入りだなと」と大惨事だったことを示唆した。

 大ケガを負った横浜だが、「みんなの頑張りはムダにしたくなかったので痛み止めをめちゃくちゃ飲んで頑張った」と体にムチを打って撮影を続行したという。浅香は「そういうのがあって撮影日はちょっと長くなったけど、そのチアのシーンは見どころ。最後のチアの発表するところは観てほしい」とファンに呼びかけた。

 まもなく令和時代ということで、「新しく始めたいこと」を聞かれた一同。横浜は「健康的な生活を始めたい。作品に入ってしまうとのめり込み過ぎて食を忘れる。激辛が好きで食べ過ぎたり、炭酸を飲み過ぎたり。仕事柄、体が資本なので、いまは激辛を食べるのを止めている。今何を食べているか? サラダチキン!」と回答した。

 横浜とダブル主演を務めた中尾は「ずっとマネージャーに言っているんですが、車の免許が取りたくて。22歳なんですけど、そろそろ持っておかないとダメな年齢かなと。今年無理やりにでもやりたい」と意気込み。続く浅香は「令和になって初めて映画館で観る映画は『チア男子!!』です!」と高らかに宣言し、拍手を浴びた。

 本作は直木賞作家の朝井リョウによる小説を原作に、実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描く。この日、イベントには作品のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」のメンバーも登場し、ファンの前でパフォーマンスを披露した。

 映画『チア男子!!』は、5月10日公開。

【関連記事】

  • 【写真】「横浜流星」フォトギャラリー
  • 【写真】「中尾暢樹」フォトギャラリー
  • 【写真】「瀬戸利樹」フォトギャラリー
  • 横浜流星×中尾暢樹『チア男子!!』全力の本予告公開
  • 『チア男子!!』女性キャストに伊藤歩&清水くるみ&唐田えりか&山本千尋
痛み止め