今、一番可愛いい美容学生ファイター・菅原美憂「絶対にK-1 KRUSH FIGHTのベルトを獲ります!」

4/15(月) 17:30配信

美容学校に通いながらK-1王者を目指す19歳、菅原美優選手

今年、K-1 JAPAN GROUPのリングでプロデビューしたばかりの、美女ファイター・菅原美優(すがわら・みゆう)をご存知だろうか。ファイターとは思えない細身のスタイルとキュートな美貌で、「可愛すぎる!」と一部メディアではすでに話題の人となっている。

【写真】美容学校の制服姿

普段は美容学校に通う19歳。実力は折り紙つきで、第5回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-50キロ優勝、第6回・第7回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-45キロ優勝と、アマチュア3連覇を達成している。

さらに今年1月26日、豊嶋里美(とよしま・さとみ)と対戦したプロデビュー戦でも、強烈な左フックでダウンを奪っての判定勝利。 長い足から繰り出される多彩な蹴り技が武器で、ガンガン攻める手数の多さが持ち味のファイターだ。

そんな彼女は、なぜK-1ファイターになったのか? そして美容学生としてのプライベートは? 4月19日(金)に迫る『K-1 KRUSH FIGHT.100』 での延谷美智子戦の直前、直撃した!

***

――今年1月にプロデビューした菅原選手ですが、それにしてもデビュー戦は試合開始15秒でダウンを奪ったり、蹴りもパンチもフルスロットルで豪快な試合でした!

菅原 ハハハハハ! 暴れちゃいました(笑)。

――やっぱり試合前はいろいろと作戦を練っていたんですか?

菅原 いやいや、じつは作戦どうこうよりも緊張のほうが大きくて。試合1週間ぐらい前から情緒不安定になって、急に泣いたりしていたんですよ。試合前にバンデージを巻いてもらったときも、泣きたいわけじゃないのに涙が出ちゃうみたいな。

――ええっ? 緊張でわけがわからない状態だったんですか。

菅原 アマチュアのときから緊張するタイプだったんですけど、デビュー戦はもっとダメでした。途中でダウンも奪えたは奪えたんですけど、なんの技でダウンを奪ったのかもわからなくて。

――まさか、そんな状態での勝利だったとは。

菅原 なんにしても勝ってスタートできたので、先輩方には「反省はいっぱいあるけどよかったよ」と言っていただけました。

――それは何よりです! ところで、菅原選手が最初に格闘技に触れたのは空手だったと聞きました。

菅原 そうです。お父さんが通っていた地元の空手教室に、私も小学1年生から入会しました。

1/4ページ

【関連記事】

  • アジアで最も有名な日本人女子格闘家・山口芽生(V.V Mei)が「ONE」で凱旋! 非公開だった"本当のプロフィール"とは
  • 大晦日「RIZIN初代女王」へ! 快進撃を続ける浅倉カンナが抱えていた「モヤモヤ」とは
  • 最強のアイドル格闘家・川村虹花(仮面女子)「アザはしょっちゅう。ひどくなったらずっと仮面をかぶってようかな(笑)」
  • 大晦日『RIZIN』で1年前のリマッチに挑む杉山しずか「格闘技が私の仕事だって、誇りをもって戦いたいです」
  • レジェンド格闘家が続々と参戦! 桜庭和志が立ち上げた新団体『QUINTET(クインテット)』は成功するのか?
ベルト