息子3人が名門スタンフォード大学卒業 アグネス・チャンの脱偏差値教育

AI時代の子育てについて語ったアグネス・チャン

 タレントのアグネス・チャン(63)が14日、都内で著書「未知に勝つ子育て―AI時代への準備―」(小学館)の出版記念イベントを行った。
 アグネスといえば、米スタンフォード大の大学院で教育学博士号を得たことで知られ、3人の息子もスタンフォード大学を卒業した。本書には新時代にふさわしい子育てのノウハウが盛り込まれている。

 アグネスは「今は時代の進み方が早いので、親もマインドセット(新しい考え方)をする必要がある。どうすれば自立した人間に育て上げることができるか。そのためのヒントをあげたいなと思いました」と語った。

 心がけているのは、いい意味でルールを破ること。これまでの偏差値教育に縛られない教育が求められるという。前例にとらわれずに子育てしただけに「毎日が賭けでしたね。勝負師ママ? そうかもしれません」と笑った。

 そんなアグネスは今月1日、自身のブログで「孫が五人生まれました!」と題し、5人の赤ちゃんと一緒の写真をアップして話題になった。それを報道陣から問われると「あれはエープリルフールです。ウソ。後で訂正したんですが…。5人も生まれるわけないじゃないですか。生まれるどころか妊娠もしていませんよ」と苦笑した。

 ワイドショー関係者はこう言う。

「60を超えてもエープリルフールで楽しませようとする遊び心はさすがですね。大体、アグネスがスタンフォード大に留学したのは、次男を出産する2か月前ですからね。おなかが大きいのに、米国の厳しい大学に入るなんて普通できません。本当にルールに縛られていないんでしょう」

 17歳で来日した元祖アイドルは、持ち前のバイタリティーと自由な発想で、これからもアッと驚くことをやってくれそうだ。

【関連記事】

  • “教育ママ”アグネス・チャン「子育ては毎日が賭け」
  • 女性進出の先駆者アグネス・チャン 30年前にあった論争に改めて注目
  • アグネス・チャン 旭日小綬章受章を母と他界した父に報告「親孝行できたのではないか」
  • 英のEU離脱に 国籍持つアグネス・チャン「将来が心配です」
  • アグネス・チャン 、 スタンフォード大学 、 エープリルフール を調べる
東スポWeb