堀ちえみ、食道がんが見つかるも早期発見でステージ1 家族からは「早く見つかって良かったね!」と励ましの声

食道がんを公表した堀さん(画像は堀ちえみオフィシャルブログから)

 舌がんで闘病中の堀ちえみさんが4月15日、ステージ1の食道がんと診断されたとブログで報告。腫瘍を取り除く手術のため入院していることを伝えています。舌がんからの転移や再発ではないとのこと。

【画像】退院後のブログでは日々、食卓の写真などを公開

 「本日また入院しました。今度は食道癌です」と報告した堀さん。2月19日にステージ4の口腔がんであることを公表し、同月22日には舌の半分以上と首のリンパに転移した腫瘍を切除するため手術。3月26日に退院した際には、医師から「癌は全て取りきれた」と言われたことを伝えていました。

 前回の入院中に受けた胃カメラ検査で食道に腫瘍が見つかり、4月4日に精密検査を受けたところ、ステージ1の食道がんであることが判明。自覚症状はなく、人間ドックでも異常がなかったことから最近できたものだろうとのことです。

 診断結果にショックを受けた堀さんですが、夫から「今このタイミングで検査を受けてラッキーだったんだ」「少しでもタイミングがずれていたら見つかっていなかった」「運が良かったと思って」と励まされ、「とても救われました」と本音を吐露。子どもたちにも再びショックを与えてしまうことを心配したようですが、「早く見つかって良かったね!」といわれ胸をなで下ろしたことを明かしています。

 手術は早いうちが良いと担当医師に言われたことから、16日にも腫瘍を取り除くとのこと。舌がんのときとは違い30分から1時間ほどで終了する予定だといい、「取ってみない事には、腫瘍の深さなどは分かりません。場合によっては追加の治療もあるとの説明を、受けました」と今後の見通しが不透明であることも伝えつつも、「いろいろな病気を経験してきましたが、全て無意味ではないと思っています。頑張ります!」と前向きな言葉で締めくくっています。なお入院期間は1週間ほどとのこと。

ねとらぼ

【関連記事】

  • 「癌は全て取りきれた」 堀ちえみ、手術後の検査結果に安堵 リハビリ支える“夫婦愛”に反響も
  • 「私はまだ生きなければならない」 堀ちえみ、ステージ4の口腔がん公表 闘病に向けてエール殺到
  • 「『スチュワーデス物語』から、35年以上経つというのに」 堀ちえみ、JALからの見舞い品に感激
  • 「同期みんなでパワーを送りたい」 早見優、松本伊代、薬丸裕英、布川敏和、“82年デビュー組”が堀ちえみにエール
  • 「あたしも頑張らなきゃ」「前向きですごい」 堀ちえみ、舌がん切除後のリハビリ姿がファンの心を打つ