堀ちえみ ステージ1の食道がんを公表「幸いにして早期発見。自分でも驚きました」

堀ちえみ

 2月22日にステージ4の口腔がんの手術を受け、闘病中のタレント・堀ちえみ(52)が15日、自身のブログを更新し、「食道がん」であると発表した。

 それによれば、前回の入院中に胃カメラの検査を受け、食道に腫瘍が見つかった。2日に病理検査の結果が出て、4日に精密検査を受けたところ「ステージ1の食道がん」と診断された。堀は「これは舌癌の転移でも再発でもないとの事です。でも同じ扁平上皮癌だそうです」と説明。「幸いにして早期発見。普通なら見過ごしてしまう位置に、あったそうです。自覚症状も全くありませんでしたので、自分でも驚きました」とつづった。前回の人間ドックで異常は見つかっておらず「恐らく最近出来たものだそうです」とのこと。夫や子供からは「早く見つかって良かったね!」と声をかけられたという。

 16日に内視鏡で腫瘍を取り除く手術を受け、1週間ほど入院する。堀は「公表するべきか否か…大変悩みましたが、間違った情報が一人歩きして、いろいろな方々に、ご迷惑をお掛けする事になりかねないと思い、公表しました」と理由を明かした。

「また癌が見つかったけど、それでも自分の身体が愛おしいです。いろいろな病気を経験してきましたが、全て無意味ではないと思っています。頑張ります」と結んだ。

【関連記事】

  • 堀ちえみカラオケで「リ・ボ・ン」涙の熱唱「不可能な事なんてない」
  • 堀ちえみが退院 帰宅後に娘とスーパーへ「当たり前の日常」に幸せ実感
  • 堀ちえみ 病理検査の結果報告「手術で癌は全て取りきれた」
  • 堀ちえみ 電話にチャレンジ「一生懸命になって、声を出していると、伝わるもの」
  • 堀ちえみ 、 扁平上皮癌 、 人間ドック を調べる
早期発見