山里亮太、人気女優・アイドルで妄想60回超「合法ストーカーです!(笑)」

山里亮太、短編妄想小説集『あのコの夢を見たんです。』発売記念サイン本お渡し&撮影会に出席

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が14日、都内で開催された自身の短編妄想小説集『あのコの夢を見たんです。』発売記念イベントに登場。この日誕生日を迎えた山里は「妄想だけでなく現実で素敵な恋がしたい」と抱負を語り、相方しずちゃんについては「あっちは家族ごと俺のことが嫌い」と自虐ネタで会場を沸かせた。

【写真】山里亮太、短編妄想小説集『あのコの夢を見たんです。』イベントの模様

 旬な女優・アイドルをモデルに、山里の妄想を小説として執筆している本書。2010年10月より月刊テレビ誌「B.L.T.」で連載してきたものから、人気の高かったストーリー16本を収録。掲載当時のものから加筆修正をほどこした、パワーアップバージョンとして発売される。

 山里は集まったメディアの多さに驚きつつ、「そんなに世の中今日、平和でしたか?」と早速のツッコミ。同日は42歳の誕生日ということで、サプライズでケーキのプレゼントが用意され「ありがたい。(本が出版される)このタイミングで光栄です」と喜びの表情になった。個人的に祝ってくれる女性を聞かれると、「芸能界で好きっていう人いたら教えてください。交際に発展したら言いますから」と促し、「妄想だけでなく現実に素敵な恋ができるようになりたい」と抱負を語った。

 現在連載は9年目を迎え、60本を超える作品を執筆してきた山里。モデルにしている女優やアイドルには事前に許可をとっているといい、「合法ストーカーです!(笑)」と断言。また、「システムが素晴らしくて、モデルにさせてもらった人が読んだ感想もくれる。ものすごい好意的な感想が多いので、俺のこと好きなんじゃないかな」と妄想を膨らませる。過去には土屋太鳳から「素敵な物語に登場させてくれて」と言われたと振り返り、モデルたちとの交流もある様子。

 さらに、しずちゃんは自身の本を渡しても読まないといい、「あっちは家族ごと俺のことが嫌い」だと告白。しかし以前しずちゃんのお母さんと会ったときに「あれっ、言うほど気持ち悪くない」と言われたことを明かし、会場を笑わせた。また、本の原点となっている妄想については普段から書きとめているノートがあるといい、本のモデルには「上戸彩さんを最後にとっておいている」と明かし、激しい略奪愛の構想があることを明かした。

 山里亮太短編妄想小説集『あのコの夢を見たんです。』は、東京ニュース通信社より発売中。

【関連記事】

  • 【写真】山ちゃん、アントニオ猪木の張り手を食らう決定的瞬間!
  • 【写真】山ちゃんの相方しずちゃん、セクシーな姿でフラダンス披露
  • 【写真】これぞゴッド姉ちゃん! 和田アキ子誕生日会にスター集結 空き瓶の数も話題
  • 有吉弘行が生放送中に情けなき采配! 流れ星ちゅうえいをマジの退場処分
  • ツッコミの名手・バイきんぐ小峠、極限状態でも的確にツッコめるかを検証
クランクイン