北原里英、タトゥーに鼻ピアスで妖艶な裏の女に変貌

U-NEXT配信ドラマ『すじぼり』より。

 『孤高の遠吠』『全員死刑』の小林勇貴監督をメイン監督に、『止められるか、俺たちを』藤原季節を主演に迎え、圧倒的なノアールと鮮烈なバイオレンスで描くU-NEXT配信ドラマ『すじぼり』。同作に女優の北原里英が謎の女・美貴役で出演することが発表された。先行公開されたスチールでは、鼻ピアスにタトゥーで妖艶な表情を浮かべる北原の姿が映し出されている。

【写真】『すじぼり』より。北原里英の鬼気迫る表情。

 『孤高の遠吠』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞した小林勇貴総監督がメイン監督を務め、2019年6月にU-NEXT配信予定の連続任侠ドラマ『すじぼり』。追加キャストとして六平直政、阿部亮平、宮城大樹、そして北原里英の出演が発表された。

 『すじぼり』は、大学生の主人公・亮が、ひょんなことからやくざ事務所に出入りすることになり、時代に取り残され、生きる道を失っていく昔ながらの組の運命を、人生からドロップアウトしかけた青年の目を通して描く、瑞々しい青春極道小説が原作。

 六平は、主人公が関わっていくやくざ事務所・速水総業の上部団体である大内組の組長であり、ラスボス的存在の大内役。阿部は同じ大内組の傘下で速水総業とライバル関係にある仁龍会の若頭・北条役。宮城は同じ仁龍会の暴力兵器・兵藤役。北原はこのドラマのタイトルにもなっている「すじぼり」に関係する謎の女・美貴を妖艶に演じる。

 北原は「『すじぼり』は、これぞ! 小林勇貴! という作品になっています。現場で誰よりも楽しそうに、そして真面目に取り組む小林勇貴監督にお会いできて嬉しかったです。実はたった1日の撮影だったのですが、とても濃厚な撮影でした。是非ともお楽しみに!」とアピール。

 小林監督の他に、西村喜廣(映画『蠱毒ミートボールマシン』等)、鳴瀬聖人(映画『温泉しかばね芸者』等)、阪元裕吾(映画『ファミリー☆ウォーズ』等)、いずれ劣らぬファンタスティックな狂気と暴力描写の名手が演出を手掛ける任侠ドラマ。白石和彌監督の『サニー/32』、都市伝説ホラー『としまえん』の主演を務め、上演中の舞台『どろろ』でどろろを演じるなど、女優としての進境著しい北原の演技にも注目だ。

【関連記事】

  • 北原里英所属:太田プロダクション参加『デビュー“推しメン”合同面接会&宣材撮影会』
  • NYLON JAPAN 完全オリジナル長編映画「転がるビー玉」主演キャストオーディション
  • 主人公・百鬼丸役の鈴木拡樹「今までにない家族をピックアップした『どろろ』」、手塚治虫の名作を原作とした舞台「どろろ」東京公演が幕開け
  • 元NGT48の北原里英、としまえんで絶叫 卒業後初主演映画はホラー
  • 北原里英、主演映画『サニー/32』を語る「『白石和彌監督が作るアイドル映画』として今観るべき作品」
変貌