森永悠希、紳士な上川隆也の言葉に「救われました」

3/15(金) 7:00配信

4月19日(金)から放送の「執事 西園寺の名推理2」について、森永悠希にインタビューを行った

上川隆也演じるパーフェクトな執事・西園寺一(さいおんじ はじめ)が、あらゆる能力で華麗に事件を解決する「金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』」(毎週金曜夜8:00-8:54、テレビ東京系ほか)。

【写真を見る】上川隆也、吉行和子ら大先輩に囲まれた現場にプレッシャーも…

4月19日(金)からスタートする本作に、新レギュラーとして出演するマジシャン・松本松五郎役の森永悠希にインタビューを行った。 

森永は「連続テレビ小説『べっぴんさん』」(2016-2017年、NHK総合ほか)や、「ドラマBiz『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』」(テレビ東京系ほか)にも出演していた注目の俳優だ。

そんな森永が、「執事 西園寺―」の撮影現場の様子や新キャストならではの不安を語ってくれた。

■ 大先輩に囲まれ「全てにおいて勉強の日々」

――今回の役どころは、新人マジシャン役ですよね。

第1話では、マジックのシーンもあります。手品の講習を受けたり、道具を借りて自宅などで練習したりしています。この先どう物語に絡んでくるのかは、見ていただいてからのお楽しみです! 謎に包まれたマジシャン役なんです。

――人気作に新キャストとして入ることにプレッシャーはありますか?

クランクインの時は、とても緊張しました。そんな僕の緊張を上川さんは感じ取ってくださり、「どこにいたらいいか居場所に困るよね」などと優しく話し掛けてくださって、その言葉で救われました。いつもすてきな気遣いをしていただいています。

――上川さんをはじめ、共演者は吉行和子さん、古谷一行さんなど大先輩の役者ばかりですよね。

全てにおいて勉強の日々です。(共演シーンの多い)上川さんからは、周りに対する目配り気配り、作品への姿勢など、とにかく学ぶことが多いです。佇まいも紳士そのものです。

■ “間”を埋める演技に挑戦

――上川さんの気遣いを特に感じたエピソードを教えてください。

僕スリッパって好きじゃなくて。脱げてしまったり、階段が降りにくかったりするので、現場で用意していただいていたのに、履かずにいたんです。靴下一枚で現場を歩いていたら、上川さんが「あなたずっと靴下のままでいたの!? 風邪引くよ」と声を掛けてくださったりとか。

――結局スリッパはどうされたんですか?

すぐ履きました(笑)。上川さんは優しいので、僕の前に(スリッパを)わざわざ持ってきてくださるかもしれないので。

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

アドリブ力が試される現場です。現場で生まれてくるものもありますし、橋本一監督から「自由に演技していいよ」と言われているので、アドリブや台本に書いていない“間”を埋める演技に、頑張ってトライしています。

上川さんは、随所に入れるアドリブが全部「執事言葉」なんです。そのアドリブに僕もうまく対応できたりすると、お芝居のキャッチボールがしっかりできている感じがしてうれしくなります。今、とても楽しく撮影させていただいています!(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 「よつば銀行ー」出演中の森永悠希『丸山(隆平)さんと塚本(高史)さんを中心に和気あいあいとしています』
  • 上川隆也主演「執事 西園寺の名推理2」に森永悠希が出演決定!『すっかり作品のファンに…(笑)』
  • 吉行和子、上川隆也が仕える“可憐な奥様”役に決定!「お金持ちの奥様という役は初めて」
  • 上川隆也の“パーフェクト執事”西園寺がパワーアップ!
  • 野村周平、スペインロケ中の食事は全て共演者におごり!
言葉