「減反廃止」は口だけ。これがアベノミクスの「成長戦略」の正体だ!

3/15(金) 6:00配信

「安倍政権が進める減反廃止は『口だけ』だ。日本の農業を発展させるために本気で減反改革を断行しようという気持ちなどさらさらない」と語る古賀茂明氏

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、アベノミクスの成長戦略の一環である「減反廃止」の形骸化について指摘する。

* * *

「40年以上続いてきたコメの生産調整を見直します。いわゆる減反を廃止します」

安倍首相がドヤ顔でこう大見えを切ったのは2013年暮れのこと。農業をアベノミクス成長戦略の柱ととらえ、海外の安いコメに対抗できる競争力のあるコメ農家を育成するというのが減反廃止の理由だった。

減反政策は5年間の経過措置を経て、18年4月から廃止となった。ところが、それから1年もたたないのに減反復活の動きが出ている。

19年度予算で、農水省がふたつの補助金をこっそりと予算計上していたのだ。対象となるのは、(1)主食用コメの生産を減らし、果樹や野菜を作る農家、(2)主食用コメの作付面積を減らした農家で、都道府県を通じて交付される。いずれも主食用コメの減産を促す有力な動機となる。つまり減反強化である。

それでなくてもこの5年間、減反廃止によって得られる政策効果とは真逆の現象が起こっていた。減反廃止で農家は自由にコメを作れる。本来なら生産量が増えてコメ価格は下がるはずだ。しかし、実際には19年度の予測生産量は0.5%~0.7%減。コメ価格に至っては15年から18年まで4年連続の上昇だ。

もちろん、首相がアベノミクスで掲げた国際競争力のある強い農家づくりもおぼつかない。政府が飼料米を生産する農家に10アール当たり最大10万5000円もの補助金を出したため、多くの農家が家畜に食べさせる低品質米の増産に走った。

おかげで品薄となった業務用コメの価格が30%もアップし、町の弁当屋やおせんべい屋からは「経営ができない」と悲鳴が上がる。

そこに加えてふたつの補助金である。これでは減反廃止はかけ声だけ、安倍政権の本音は減反強化だと疑われても仕方ない。

1/2ページ

【関連記事】

  • ますます悪化する日韓関係のなか、日本人が冷静に考えておくべきこと
  • どの自治体もやっていない「水道革命」を断行した岩手県・スーパー公務員の調整力
  • 厚労省が勤労統計のデータを改竄! 官僚たちは何を考えていた?
  • やっと解禁された「液体ミルク」。 なぜ官僚は、この認可基準作りを10年間もサボり続けてきたのか?
  • 衝撃のロヒンギャ難民キャンプルポ「なぜ日本は私たちを見殺しにするのか」
正体