「LIFE!」シリーズ7へ!中川大志『このポジションを伊藤健太郎に奪われたくない!』

3/15(金) 5:00配信

唐突なノリで生まれた「LIFE!」ポーズで撮影する出演者たち

コント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」(3月15日[金]、3月21日[木]夜10:00-10:45、NHK総合)の出演者たちが、来年度シリーズ7を迎えるにあたって取材に応えた。

【写真を見る】まるで恋愛ドラマのよう?なムロツヨシ×中川大志のSPコント

内村光良が座長を務める同番組では、これまで“朝ドラ”とのコラボレーションや生放送、そして時代劇の制作など、さまざまな企画を行ってきた。

新年度の初回となる4月12日(金)放送「LIFE!平成最後のプレミアム・コント・セレクション」のトーク収録を終え、囲み取材に登壇したのは、内村、田中直樹、塚地武雅、ムロツヨシ、じろう(シソンヌ)、中川大志。

■ まさかの新キャラ“そうですねおじさん”誕生?

内村は、「シリーズ7とのことで、海外ドラマの人気シリーズぐらいの感じになってきたのかと思うと感慨深いですね。体を張るコントをやりたいということは毎年言っているんですが、あとは初期メンの塚地のキャラを育てたいですね(笑)。私も三津谷が最近非常に多いので、あれに代わるようなものをやりたいです」と今後への展望を明かす。

これまでの中で思い出深かった出来事を聞かれると「そうですね…そうですね。そうですねぇ~、あ、そうですね!」と「そうですね」を連発。

一同に「え、新しいキャラですか?」とツッコまれた内村は、「どうも!そうですねおじさんです(笑)」とアドリブを効かせ、記者の笑いを誘った。

その後、内村はニコニコしながら「みんなのキャラクターが誕生する瞬間が好きです。『ゲス』(田中演じる“ゲスな記者”西条が会見で芸能人にしつこくゲスく攻めるコントシリーズ)と『どうしたろうかしゃん』(ムロ演じる妖怪がアドリブでボケを繰り出していくコント)はもういくな~と思いました」と振り返った。

内村、塚地と同じく、初期から番組に参加している田中は、「僕は1本でも多くコントに参加したいと思っているので、(シリーズ)7まで参加できて、こんなに幸せなことはないですね。この番組は、毎年なにか新しいことにチャレンジしているので、その姿勢がすごいなと思いますし、僕もついていかないといけないなと思っています」と笑顔に。

さらに、「一番座長の内村さんが朝早く入って、一番遅くに帰っていくんですけど、その間に5~6回かつらチェンジがあるんですね。とにかく内村さんはすぐにシャンプーをするんです。だから、他の局で会う内村さんより、NHKで会う内村さんはいい匂いがします」と収録でのエピソードを披露した。

そして塚地は、「テレビコントがなかなかない中、『LIFE!』はこの時代を牽引していると思うので、そんな番組に最初から参加させていただいていることがすごくありがたいです」とコメント。

「僕の代表的な『イカ大王』というキャラクターがいるんですが、コント自体は3回しかやってないんです。だから、僕あんまり貢献できてないんですよね。7ではイカ大王を上回るキャラを作って、そのキャラで紅白(歌合戦)に出ることが目標です!」と目を輝かせ、「誰もが分かるようなキャラを作りたいですし、作れそうな気配がしています」と手応えも感じているようだった。

■ 「サスペンダー王子」披露時は『NHKの時間がちょっと止まった』

ムロは、「最初の2年目くらいは追いかけるばっかりでしたが、少しずつ自分の居場所を作ったふうに見せて頑張っております」と語る。自身のコントキャラクターについては、「『サスペンダー王子』で勝負に出たんですけど…出てきたとき、NHKの時間がちょっと止まったそうですね。だから『サスペンダー王子』に代わるキャラクターを作って、皆さんに覚えてもらえるようになりたいと思います」と新たなキャラクター作りに意欲を見せた。

“コント職人”との呼び声も高いじろうは、「僕は途中から参加させていただいたので、なんとかやっと『Jr.』になれたかなという感じです(笑)。最近はちゃんとした台本をもらってるんですけど、以前は送られてきた台本のデータを自分でコンビニでプリントしていたんですね。その初心を忘れないようにしたいと思います」と謙虚な姿勢。番組での思い出を聞かれると「お笑い番組ってギラギラしていることが多いんですけど、『LIFE!』は本当にほのぼのしていて、内村さんがスナック食べてたり、ほんわかしたところが見られるのが、僕は好きですね」と語った。

出演者陣の中では、一番の若手となる中川は、「僕もずっと見てた番組でしたし、シリーズ7に入るということで、僕がこの歴史の中に関わらせていただけて、収録のたびに幸せだなと噛み締めています」と感慨深げに話す。

そして、「僕が初めて『LIFE!』に参加したときは、内村さんが一日中ワイヤーでつられていたんです。座長が一番体を張って、ずっと飛んでいる姿を見て、内村さんの背中を追い続けようと決めました」と俳優らしからぬ決意を明かす。

一方で、「まだまだコントの収録は緊張しますし、他のお芝居の現場とはまた違った空気で、でも勉強になることも多くて楽しくて。このポジションを他の若手の誰かに奪われないように…明け渡したくないですね。伊藤健太郎とかに(笑)。危機感はあるんです」と言い、続けて「ここを絶対に“しゅし”できるように!」と宣言。

これには一同から総ツッコミが入り、ムロからは「死守だよ!“しゅし”じゃあとられるよ」との声が挙がり、塚地も「花の種みたいになっちゃった」とニコニコ。

中川は、自身の“天然発言”に苦笑いしつつ、「自分のキャラクターも作れるように、頑張っていきたいと思っています」と意気込んだ。

■ 吉岡里帆がコント初挑戦!

今年度ラスト2回となる3月15日(金)夜10時からの放送には、吉岡里帆が初登場。コント「みんな大好き!バカヤロわかな先生」では、不思議な魅力をふりまく養護教諭役で、ムロツヨシ、中川大志ら男性陣を振り回す。さらに、もう一本のコント「テスト」では、内村光良演じる博士が開発したアンドロイドを演じる。

ほか、結婚後初出演となる石橋杏奈にゲスニックマガジンの西条(田中)がゲスく迫る「囲み取材」、神奈川&ムロの胸キュンコント「大臣、あなたをお守りします。」や、新作コント「つい投げる」「神サポート」などを送る。 (ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 「LIFE!」でQUEEN伝説のライブ再現?内村光良「家族が寝静まった後、フレディのパフォーマンスを練習」
  • 吉岡里帆がコント初挑戦!不思議な魅力でムロツヨシ&中川大志を振り回す<LIFE!>
  • 伊藤健太郎、ムロツヨシと“最強忍者コンビ”に「ムロさんとできてうれしかった」<忍べ!右左エ門>
  • 内村光良も絶賛! 堤真一と“ド迫力”殺陣シーンに挑んだ伊藤健太郎「正直できないと思いました」
  • 内村光良×中川大志がコント対談『こういう番組は本当にノっているかが伝わるものだから』【中川大志連載】
伊藤健太郎