伝説の第1話をリメイク! 「ドラえもん」放送40周年企画が4月より始動

3/14(木) 20:35配信

1979年4月2日に放送された「ドラえもん」第1話「ゆめの町、ノビタランド」のタイトルバック

■ 国民的アニメの放送40周年を記念して、あの名作が復活!

藤子・F・不二雄原作のテレビアニメ「ドラえもん」(毎週金曜夜7:00-7:30、テレビ朝日系)が、2019年春に放送40周年を迎える。これに際し、4月5日(金)からは放送40周年企画がスタート。5日の放送では、1979年4月2日に放送された第1話「ゆめの町、ノビタランド」のリメイク作品が登場する。

アニメ40周年を迎える「ドラえもん」の記念すべき第1話「ゆめの町、ノビタランド」の1シーン

「ゆめの町、ノビタランド」は、遊ぶ場所がなくて困ったのび太が、子供たちだけのミニチュアの町を作り上げる、というストーリー。名作との呼び声も高いこのテレビアニメ第1話が、放送40周年を記念したリメイク作品として放送される。

■ 記念すべき初回エピソード「ゆめの町、ノビタランド」あらすじ

家の中でローラースケートの練習をしていたのび太とドラえもんは、ママに「外で遊びなさい」と怒られてしまう。仕方なく外に出るが、車が危なくて練習もできない。そこで、しずかやスネ夫とドッジボールでもしようと、いつもの空き地へ向かうのび太とドラえもん。だがその空き地は、近くで行われる工事の材料置き場になっていて、立ち入り禁止になっていた。

やむなく家に帰って来たのび太は、「いつ、どこで、何をしても、誰にも何も言われない、僕だけの町、自由な世界が欲しいなぁ」と嘆く。それを聞いたドラえもんは、「じゃあ、作ろう!」と、“インスタントミニチュアせいぞうカメラ”を取り出す。このカメラで写すと、写した物とそっくりのミニチュアがカメラから出てくるというのだ。

二人は早速、いろいろなお店や建物、公園などを写してミニチュアを作り、自分たちだけの夢の町“ノビタランド”を作る。そして、他の子供たちも誘って、“ガリバートンネル”で小さくなって遊ぶことにするが…!?

■ 40周年記念の新作ストーリーも登場!

4月5日(金)放送の「ドラえもん」では、「ゆめの町、ノビタランド」に加え、新作ストーリー「ドラえもんをのぞいちゃえ!」も登場。ドラえもんをのび太の元に送り込んだセワシは、ドラえもんがちゃんと役目を果たしているか心配し、未来からこっそりドラえもんの様子を観察することに。ドラえもんは、のび太が学校に行っている間、一体どんな風に過ごしているのか?…知られざるドラえもんの日常をつづるエピソードだ。

■ ドラえもんはいつも何してる? 「ドラえもんをのぞいちゃえ!」あらすじ

今日ものび太の部屋でケンカをするドラえもんとのび太。その様子を22世紀からテレビモニターで見ているセワシとドラミ。セワシは、ちゃんとのび太の世話をできていないドラえもんを22世紀に連れ戻した方がいいのでは…と考えていた。だが、ドラミに「ああ見えて、仲はいいのよ」と言われ、しばらくドラえもんの様子を観察することに。

別の日の朝、遅刻しそうなのび太を学校へ送り出すと、のんびりテレビのワイドショーを見たり、和菓子屋さんの特売のチラシを見て大喜びしたりと、平和な時間を過ごすドラえもん。そこへ、未来デパートのセールスロボが、新商品のカタログを持ってやって来る。

その後、家に帰ってきたのび太が、カタログを見ながら、つい「“バタバタフライ”が欲しい」と言ったため、“バタバタフライ”が届いてしまう。既に同じ物を持っていたドラえもんは怒りだすが、のび太は気にせず、“バタバタフライ”を手に、しずかの家に遊びに行ってしまう。一方、ドラえもんはミィちゃんに誘われ、屋根の家でデートすることに。その様子を見たセワシは…!?

■ 「40周年もMAXで行きます!」 水田わさびら声優陣が意気込みを語る

1979年の放送開始以来、2世代、3世代にわたって親しまれ、海外にも多くのファンを擁する「ドラえもん」。2005年4月に、大山のぶ代ら先輩たちからバトンを引き継いだレギュラー声優陣も、登板15年目に突入する。

4月から開幕する40周年企画に向けて、ドラえもん役の水田わさびは、「40周年もMAXで行きますが、さらにお祝いモードで頑張ります!」とのコメントを発表。さらに、のび太役・大原めぐみ、しずか役・かかずゆみ、ジャイアン役・木村昴、スネ夫役・関智一のレギュラー陣も、それぞれ意気込みを寄せている。

■ ドラえもん役・水田わさび「40周年もお祝いモードで頑張ります!」

私は皆さまに毎週金曜日夜7時をめいっぱい楽しんでいただきたいと思っているので、全力でアフレコに臨んでいます。40周年も、もちろんMAXで行きますが、さらにお祝いモードで頑張りますので、皆さまよろしくお願い致します!

一人になってふと「ドラえもん」を見ると、温かい故郷やお茶の間を思い出して、めっちゃ泣けるんですよね…。それは、ドラえもんという存在に、家族、友達、恋人…など全ての要素が詰まっているからだと思います。ご家族そろって見ていただくのはもちろん、4月は一人暮らしを始める方も多いと思いますが、一人で新生活を始める皆さんにも、ぜひ40周年の「ドラえもん」を楽しんでいただきたいですね。

■ のび太役・大原めぐみ「『ドラえもん』を通じて、ご家族の会話が増えたら」

私はマイペースな性格なので、いつもと変わらずのび太を一生懸命演じています。40周年も皆さんにいつも通り楽しんでいただければうれしいなと思っているのですが、特に今回(4月5日[金]の放送)は、お父さんお母さんが子供の頃に見ていたお話が復活しますので、ご家族で一緒に見ていただけたら、共通の話題が生まれることと思います。40周年をきっかけに、「ドラえもん」を通じて皆さまのご家族の会話が増えたらいいなと願っています。

■ しずか役・かかずゆみ「不滅の名作に参加できて本当に幸せです」

40周年は、「ドラえもん」にとって通過点だと思っています。「ドラえもん」はキャラクターも作品自体も不滅なので、私たちもバトンを受け継いだ一人の人間として次世代につないでいけるよう頑張っていきたいと思います。日本のアニメとしてとても誇らしい作品ですので、皆さんにも、ご家庭でどんどん「ドラえもん」の魅力を語り継いでいただきたいですし、そんな名作に参加できて本当に幸せです。

ぜひ40周年、皆さまも一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

■ シャイアン役・木村昴「さらに10年、ふんどしを締めて掛かります!」

水田さんがおっしゃるように、われわれは毎週毎週皆さんに楽しんでいただくべく全力で挑んでいるので、40周年だからといって特別に心の注ぎ方が違うわけではないのですが、とはいえ40周年ってスゴイことですよね! 僕はまだ28歳で、40年という時間を体験したことがないので、未知の領域です。

40周年は、見てくださっている方々がワクワクしちゃうような、そしてちょっとアニメから離れていた方々が再び「ドラえもん」を思い出す機会になったりするような、そんな1年間になったらいいなと思います。そして40周年と来れば、その先10年、またやりたくなります。これからもさらに皆さんに喜んでいただけるよう、ふんどしを締めて掛かりたいと思っています!

■ スネ夫役・関智一「記念すべき“お祭り”を皆さんと盛り上がれたら」

40周年ということで、われわれの“思い”はもちろんこもっていますが、アニメ放送第1話「ゆめの町、ノビタランド」の復活をはじめとする40周年企画がいろいろと用意されていますので、ぜひ楽しんでいただければうれしいです。記念すべき“お祭り”として、皆さんと盛り上がれたらいいですね! 30周年のときより、もっともっと盛り上がるように頑張ります。

40年の長きにわたり、老若男女から愛され続けてきた国民的アニメ「ドラえもん」。4月5日(金)の放送を皮切りに、他にもさまざまな大型企画が続々と登場する予定だ。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • ドラえもんとのび太が「吉本新喜劇」で座長・酒井藍をイジリ倒し!『ホンマ夢みたいやわぁ』
  • 柳楽優弥、映画「ドラえもん」出演に歓喜! 冒険に行くなら『月に行きたい』
  • 広瀬アリス、うさ耳姿を披露! 妹・広瀬すずと仲良しの秘訣も明かす
  • 「ドラえもん」20時間ぶっ通し放送! 映画5本に加えTVシリーズ33本を一挙公開
  • 村上隆ら28組のアーティストが手掛ける新たなドラえもん「THE ドラえもん展」が大阪で開催決定
リメイク