モーニング娘。’19牧野真莉愛「モーニング娘。の歴史を絶対に壊さないようにつなげていきたい」【ハロプロ誕生20周年記念連載】(ザテレビジョン)

トーク中も和気あいあいの12期の3人、左から野中美希、牧野真莉愛、羽賀朱音

2018年に誕生から20周年を迎えたハロー!プロジェクトをお祝いする記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。今回は12期メンバーの3人が、3月発売のベストアルバム&春ツアーの見どころをトーク!

【写真を見る】間もなく、プロ野球が開幕! ことしも北海道日本ハムファイターズ愛が止まらない牧野真莉愛

■ 今回のベストアルバム『ベスト!モーニング娘。20th Anniversary』について教えてください。

牧野真莉愛「アルバムのジャケットも最初に出したベストアルバムと同じように、みんなのお花が咲いている感じになっています。今回は私たちのお花の後ろに歴代の先輩方の顔も全部描かれているので、本当にモーニング娘。の20年がギュッと詰まっているなって」

羽賀朱音「私はアルバム新曲の『I surrender 愛されど愛』の落ちサビで、“ありえない”って部分を歌わせてもらっているんですけど、一回後ろのオケが全部なくなってソロパートだけが入る部分なんです。今まではそういうパートには無縁だったんですけど、歌わせていただくことができました。モーニング娘。って、みんなで全部レコーディングしてから上手かったところを歌わせていただける。なので、努力次第で変わるんです。その落ちサビの部分をディレクターさんからこんなに褒めていただけるんだ!っていうくらい褒められてから歌割をいただいたので、『やっぱり褒められたのは正しかったんだな』っていう思いはありました。うれしかったので、自信を持ってそのパートは歌わせていただいてます。すごく思い入れがありますし、聞いてほしい! そこだけ何回もリピートして聞いていただきたいです!」

牧野「(笑)」

野中美希「『みかん』からのシングルが全曲入っていて、本当に盛りだくさんな内容です。アルバム新曲の『恋してみたくて』は“スルメ曲”だなって思いますね。スルメって噛めば噛むほど味が出るじゃないですか、この曲は聞けば聞くほど引き込まれていくんです! しかも、スルメって最初に噛んだとき、あんまり味がしないじゃないですか。でも、この曲は最初から味がするんですよ!」

羽賀「スルメについて語ってる(笑)」

牧野「そうだね(笑)」

野中「最初からおいしいタイプのスルメなんですよ! この楽曲は音、楽器、メンバーの声の入ったトーンも含めて全部好きなんですけど、初めに仮歌を聞いた時点からこれはいい曲だって思って、そこからどんどん引き込まれて何度でも聞きたいくらい。永遠にループしちゃう。かわいらしい曲で、最近のモーニング娘。にはないような曲調。男性が聞いたらキュンとすると思うんですけど、女子が聞いてもキュンとするんですよ。恋してみたい!って気持ちになりました。少女漫画を読んでいるみたいなドキドキ感です」

牧野「うん!わかりやすい!」

羽賀「“大好き”って3回くらい繰り返して言う歌詞もあったりするしね」

牧野「“もっと私のこと好きって言ってよ!私はこんなに大好きなのに!”みたいなのを全面的に出してる感じ」

野中「なので幸せになれますね、この曲を聴くと」

牧野「純粋です! 純粋な女の子の恋の気持ちなんですよね」

羽賀「初恋なんですよね、多分。初恋の相手と付き合えた!っていうカップルのピュアな物語です。とにかくかわいい、青春な歌です」

牧野「キュンキュンする! もう“好きだよ!”って絶対直接言ってるような」

羽賀「あと今回のアルバムの初回生産限定盤Bには2曲レア曲が入ってるんですよ! 『私のなんにもわかっちゃない(モーニング娘’15Ver.)』と『冷たい風と片思い(TYPE B)』の2曲で、『冷たい風と片思い(TYPE B)』はシングルの音源とはちょっと違う」

牧野「アナログ盤ですね」

羽賀「レコードで収録されている曲で、あんまりレコードで聞く機会ってないじゃないですか。だから多分聞いたことない方が多いと思うんですよね」

野中「うんうん! CDになるのが初だもんね」

羽賀「歌割も違うんです。いつもはユニゾンになっているところもソロパートになっていて、みんな1人1人の声が聴ける。もう一曲の『私のなんにもわかっちゃない』はモーニング娘。’15のときにできた曲なんですけど、モーニング娘。’17になるまで音源化されていなかったんですよね。しかも音源化されたのは’17のときの歌割のまま。’15バージョンは鞘師里保さんと鈴木香音さんがグループにいるときなので、本当の意味でのザ・オリジナル音源が初出しになるんですよ!」

牧野「絶対声も若い!」

羽賀「そう! だから、私たち12期メンバーにもソロパートがあるんですけど、多分すごく子どもです(笑)。加入して1年のときなので」

牧野「この2曲は初回生産限定盤Bにしか入ってないですからね。もう1つの初回生産限定盤Aには「rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」のライブ映像がついてくるんです。これはね…もう選べないです(笑)」

野中「選べないから両方ゲットした方がいいですね!」

■ 新曲の2曲は、つんく♂さんからの楽曲提供ですね。

牧野「今回はどんな曲がくるのかなって、毎回ワクワクしています! かっこいい曲もあるし、かわいい曲もある。ちょっとマニアックな曲もあり、すごく幅広い(笑)。今のモーニング娘。をイメージして作ってくださってる曲もあると思うので、それが毎回楽しみです」

羽賀「歌詞カードをもらったときに“作詞・作曲つんく♂”って書いてあるので、そのときに知るんですが、多分書いてなくても曲調と歌詞を見れば『あ、つんく♂さん!』って分かりますね」

野中・牧野「分かる分かる!」

羽賀「今はプロデューサーさんではないですけど、サウンドプロデューサーとしてシングルにはつんく♂さんの曲が入っていて、そういう部分でつんく♂さんと関わりを持てることがすごくうれしい。とにかくつんく♂さんの曲が好きなので、新しい曲はもちろん、昔のつんく♂さんの曲とかも歌えていることがうれしいなって思います」

牧野「つんく♂さんがつくってくださったモーニング娘。に、今の私がいるってことがすごくうれしい! やっぱりモーニング娘。の親だと思うんですよ。そのつんく♂さんが今でもモーニング娘。に関わってくださっていることがすごくうれしい。私がまだ加入してないときのつんく♂さんのすてきな曲が何百曲もあるので、そういう曲も大切に歌っていきたいなって思います」

野中「つんく♂さんとは個人的に連絡をさせていただくこともあって、メールの中で話す会話もあるんですけど、歌詞でいただくことが私たちに言っているような気がしています。メッセージ性がメールよりも深いっていうか、つんく♂さんからメンバーへの気持ちが伝わってくる曲もあったりする。卒業シングル以外は個人に書いているわけではないと思うんですけど、すごい心に響く。個人として言われている気がする。そういう不思議な気持ちになるんですね」

■ 今回のベストアルバムは20周年記念の一枚。10周年の際にもベストアルバムが発売されましたが、次の10年に向けての思いなどはありますか?

野中「私は1つです。世界ツアー。加入してからずっと言っていて目標にしていること。私がモーニング娘。にいる理由が、海外との架け橋になること。もちろん歌やダンスとかほかのことも頑張りたいですけど、海外というのが私の基盤にある。やっぱり海外でもっともっと活躍していきたいし、世界は広いので! いろんな人に知ってもらいたいなって思いますし、すばらしいって思ってもらえるように努力していきたいです」

牧野「私は今、18歳なので10年後は28歳。そのときもモーニング娘。にいたいです! いても迷惑にならないくらいまで(笑)、モーニング娘。にいたいなって思っています。本当にモーニング娘。が大好きで、なりたいとずっと思っていた。なので、モーニング娘。になった今も、これから先のやるべきことを見失わないように頑張っていきたいです。もちろん、新しいこともやっていきたいとも思いますし、20年つくり上げてきたモーニング娘。の歴史を絶対に壊さないようにつなげていきたい。10年後に入ったメンバーにも、もっともっと先にモーニング娘。をつなげてほしいなと思います!」

羽賀「私のモーニング娘。としての目標は、昔のモーニング娘。の良さを忘れないで、今のモーニング娘。をつくっていくということ。モーニング娘。ってどの時代もすてきなんですけど、昔と今だとニュアンスが違ったりしてくる。けれど昔の曲をやるときには、しっかりと昔のニュアンスを取り戻して私たちもパフォーマンスしたいんです。先輩たちがつくってきてくださったモーニング娘。を忘れないっていうのが目標でもあるので。時代が経つにつれて、10年後はまたもうちょっと違ったニュアンスになっていると思うんですけど、そのときに今の曲をやるときも今っぽく対応できるようになりたい。先輩方が渡してくださったタスキを守っていくというのが私たちの使命。今はしっかりとタスキを守って、もし後輩に渡すときがきたらそれをしっかりと渡して後輩にも守ってもらえるようにしたい。とにかくモーニング娘。の歴史を壊さない、崩さないようにしたいと思います」

■ ベストアルバムの発売時期に、春ツアーもスタートしますね。

牧野「ダンスの先生が前回のツアーとは違うんですよ。表面的に分かることではないと思うんですけど、ちょこちょこ違うかっこよさが出るんじゃないかなって、私はすごくワクワクしてます。今回も今回で、絶対にいいツアーになると思うので、絶対に皆さんに観ていただきたいです!」

羽賀「今、新メンバーオーディション中なので、11人体制のツアーは今回が最後になると思う。きっと秋には新メンバーが入ってくると思うので、この11人は今しか見られない。この11人のパフォーマンスをしっかり目に焼き付けていただきたいなって思います」

野中「めちゃくちゃ個人的なんですが、私の特徴ある声を聴き分けてもらいたいです! あと、私の今回の目標がアイコンタクトをいっぱいしよう。ファンの人にたまに言われるんですよ。『何で見てくれなかったの?』って。なので、目線をもらいに来てほしいです!」(ザテレビジョン)

20&#21608