モーニング娘。’19小田さくら「『Only you』はメンバーの成長が分かる楽曲」【ハロプロ誕生20周年記念連載】(ザテレビジョン)

佐藤優樹(左)の独特の言い回しを通訳してくれる小田さくら(右)、それを優しく見守っていた石田亜佑美(中央)の3人

2018年に誕生から20周年を迎えたハロー!プロジェクトをお祝いする記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。今回は10&11期メンバーの3人が、3月発売のベストアルバム&春ツアーの見どころをトーク!

【写真を見る】モーニング娘。のサブリーダーに就任した石田亜佑美。その力強い視線でグループを引っ張る!

■ 今回のベストアルバム『ベスト!モーニング娘。20th Anniversary』について教えてください

小田さくら「モーニング娘。って、つんく♂さんがそもそもロックシンガーなのでロックな曲は割とあったんですけど、『I surrender 愛されど愛』みたいな、ここまでハードロックな曲は意外となかったなって。私たちの熱さが出しやすい曲ですね。曲自体は短いんですけど、その短い間にファンの人がいつも以上の圧を私たちから感じてほしいです。もちろん、この曲の倍以上の長さの曲もあるんですけど、それを見ているよりどっと疲れるような曲ですね」

石田亜佑美「短いけど濃いね。濃い時間を」

小田「もう、圧と勢いと気合が入った曲。何か私たちの熱を分かりやすく伝えられる曲です。曲が短い分、私たちもそこに思いっきり気合を注いでいるんだなって」

佐藤優樹「何か、私たちがつんく♂さんに試されているみたいな感じがする。『これ出来る?』みたいな」

小田「『I surrender 愛されど愛』がですか?」

佐藤「そう。優樹が勝手に思っているだけなんだけど。「出来る?」「出来ません」みたいな。多分、つんく♂さんが見ていたらもっとダメ出ししているんだろうなとは思いますね。『そこは、ちゃう』みたいな」

小田「ダンスをみて、みたいな感じですか?」

佐藤「ダンスもそうだし、歌い方もそう。なんて言うんだろうな、私の歌割りがあるしな。私の感じていることですけど、私はつんく♂さんのロックとは違う歌い方をするタイプ。リズムのとり方とか、一番つんく♂さんの感覚に近いのは小田なんですよね」

小田「でも、この曲は全員にソロパートがあるじゃないですか!」

石田「もう一曲のアルバム新曲の『恋してみたくて』は、フォーメーションダンスとかで見せることが多いモーニング娘。の中で、この曲はほぼ自由。ほとんど決まった振り付けがない。テレビとかでカッコいいモーニング娘。しか見たことのないって人が『恋してみたくて』の私たちを見たら、ちょっとびっくりするかもしれないですね。『あ、こんなにふざけるんだ、この人たちも』みたいな。そういう印象を、ギャップを与えられる曲だなと思います。そんなモーニング娘。も見てもらおうっていう楽曲なので」

■ アルバム収録曲のなかで、思い出に残っている楽曲は?

小田「私は『Only you』が、モーニング娘。の中で結構大事な曲だなって。それこそプラチナ期と呼ばれている時代は、高橋愛さんと田中れいなさんのWメインボーカルでずっと回っていて、9期さんが加入して最初の曲『まじですかスカ!』を挟んだ後に、『Only you』でもう一回その2人がドンとメインを張る。モーニング娘。を引っ張ってきた2人が9期さんに見せたものでもあると思うし、新メンバーがいるのに、難しくてカッコいいダンスや歌をやっているんですよ。なので、実は『Only you』はいつの時代でもメンバーの成長過程が分かる歌でもあるんです。『Only you』を見比べるだけで、誰がいかに成長したかがダンススキルで分かるんですよ。今は私と譜久村さんのソロパートが多いんですけど、ほかのメンバーのソロを聴き比べても、すごく成長してる!って実感できる。だから、この曲本当に大事だなって。2年おきとかにライブでやると「うわ、この2年間で、この子すごく頑張ったんだな」とか思わせてくれる楽曲ですね。あと、1人に寄り添うような歌詞もすごいんです。『Only you』って本当にすごい力を持った曲だなって」

石田「私は『時空を超え 宇宙を超え』。ライブで盛り上がるように、割とジャカジャカした音が入っていたり、ドラムの音もすごい強いみたいなのがモーニング娘。の曲あるあるだと思うんですよ。その中で『時空を超え 宇宙を超え』は、すごく心にしっとりと入り込んでくる。私も初めてつんく♂さんが歌ってくださっている仮音源を聞いたときに、涙が出てくるぐらい、じんわりと自分の中に入ってきた。別にそのとき悩んでいることがあって心に染みたとかではなく、本当に何か一つの音楽を聞いて、こう何か涙が出てくるみたいな。そんな経験って今までなかったから少しふしぎな気持ちにはなったんですけど、そういう何か、浄化させてくれるような良さがこの曲にはあるのかなって」

■ ダンスもゆったりしているイメージですよね

石田「そうですね。このぐらいの時期、私はダンスのキレだけが自慢で表現力のなさに悩んだりとかしていたんです。例えば鞘師里保さんと一緒に対で踊らせていただくことはあっても、何で鞘師さんに勝てるかって考えたときにキレしかなかった。なんかキレだけでがむしゃらにやっている人みたいな風に見られるのがすごい嫌だけど、ちょっと力を抜いて踊ってみたら『これは私じゃない』みたいなことで悩んでいたんです。そんなとき、ちょっとこういうバレーっぽい優しい曲に触れたことで、ダンスって音楽を表現するもんなんだって知れた気がしましたね」

佐藤「私は全部に思い入れがありすぎるな(笑)。『ワクテカ Take a chance』は、鞘師さんが歌詞にそって「ワクテカ テイクア チャ~ンス」って言ってるのがめっちゃカッコいいのは覚えてるな~。あ、あと『What is LOVE?』も。音源が何回も変わったんです。音程とか。でも、大変というよりかは、毎回出来上がりが楽しみでしたね。次はどう変わってくるんだろうって。そういえば『One・Two・Three』も最初の入りとか変わったよね」

石田「うん、あんまり加工されていない感じだった」

佐藤「つんく♂さんも、すごく迷っているんだなっていう思い出」

石田「こだわり感じたよね。あと『すごい、こんなに考えてくれるんだ』っていう」

■ 今回のベストアルバムは20周年記念の一枚。10周年の際にもベストアルバムが発売されましたが、次の10年に向けての思いなどはありますか?

小田「今回のベストアルバムのジャケット写真を見たときに、歴代の先輩と同じジャケットに載っていることがうれしかったんですよ。今までは私がアルバムのジャケ写に一緒に写ったことがある人って、一緒に活動したメンバーだけ。でも、今回はいろんな人がいる。仮に10年後に、こういうベストアルバムを出す機会があったら私も後輩に同じことを思われたいですね。『小田さんと同じジャケ写に載れてうれしい』って」

石田「こうやってベスト盤が出たときって『あ、この曲はコンサートで見た記憶があるな』とか『この曲の発売イベントに行ったわ』みたいな風に、思い出を振り返られるのも楽しいところだと思う。なので、また10年後こういうベスト盤が出たときに、どの曲にもファンの方の楽しい思い出が詰まった曲たちであって欲しい。なので、これからもシングルでどれだけ自分の印象を残せるかっていうのは大事にしたい。イベントやライブで披露したときに、ファンの皆さんの印象に残るようなパフォーマンスが出来るようになりたいです」

佐藤「新たに10年を続けていくには、考え方を改める必要があるかなって。なぜ、コンビニとかで飾り物のチョコがいっぱい売れているのかを考える必要があると思うんですよ。季節によってデザインも違うし『私を見て!』って努力をしようとしているチョコがあるから、みんなも買おうとする。何も努力をしていないチョコには手がいかないじゃないですか。こういうのと一緒で、常に進化させていくことが大切。もちろんシンプルな板チョコとか食べたくなるときもありますけどね」

■ ベストアルバムの発売時期に、春ツアーもスタートしますね。ツアー名が「BEST WISHES!」

小田「BEST WISHES!って、お幸せにって意味があるんですよ。なので、最初にタイトルを聞いたときに、どういう意味?ってなりましたね」

石田「BEST WISHES!って“これからもよろしくね”みたいな意味じゃないの!?  “お幸せに”って意味なの?」

小田「はい。“お幸せに”って意味もあるんですよ。でも、今回のツアーは石田さんが言うように“これからもよろしくね”みたいなイメージ。20周年が一段落して、「今までお世話になりましたが、これからももっとお世話になりますよ」っていう思いがツアータイトルにはあるんじゃないかな?」

石田「コンサートに来ることって、夢の世界へ行くぐらいステキなことだって思っていて欲しいんですよね。もちろん、そういう空間にしたいと私は思っているので。 “お幸せに!”という意味だったとしても、このコンサートが始まってみんなが幸せになればいいっていう意味では、間違ってないというか。私たちの思いに近い。だから、この空間に来たら嫌なことは忘れて、本当に目の前に見えているものを楽しんで欲しい。そんな気持ちは常にありますね」

佐藤「タイトルだけが良くてもダメなんですよね。タイトルだけ良くて来ようと思っても、中身が良くなかったらだめ。おいしそうに見えて、実はおしくないフルーツを食べさせられているのと一緒なんですよ。だから私たちは曲を理解して、一曲一曲を考えてパフォーマンスしていかなきゃいけないと思います」(ザテレビジョン)

Only you&#12303