遊助、ホワイトデーにサプライズプレゼント 10年分の軌跡が凝縮された感動の「ひまわり」公開

遊助、ホワイトデーにサプライズプレゼント 10年分の軌跡が凝縮された感動の「ひまわり」公開

2009年に『ひまわり』でソロデビューを果たし、2度の紅白歌合戦出場や第42回日本有線大賞優秀賞を受賞。2019年2月27日には自身初となるオールタイムベストアルバム『遊助BEST 2009-2019 ~あの・・あっとゆー間だったんですケド。~』をリリース。3月11日には10周年アニバーサリーライブ『10th Anniversary Live -必然!!-』を満員の大阪城ホールで開催した遊助。

ソロデビューから10年経った2019年の3月14日、本日ホワイトデーに、“遊助からの10年分の愛のカタチ”として、遊助のソロデビュー曲「ひまわり」の10周年バージョンとも言える「ひまわり ~10年分の愛のカタチ~」がYoutubeで公開された。

2019年2月28日に日本武道館で開催された『10th Anniversary Live -偶然!?-』の映像、そして2月28日に日本武道館に駆け付け“いつも黄色い 遊助の愛のカタチ”であるファンの姿、さらに、遊助の10年分の軌跡が凝縮された感動の「ひまわり」となっている。

サプライズ好きな遊助らしい、10年間を共に歩んでくれた全国のファンに向けての、素敵な愛のカタチのプレゼントとなった。

【関連記事】

  • 遊助、満員の大阪城ホールでの10周年アニバーサリーライブで第2章開幕
  • 遊助 “感謝”の10周年 本編2曲+アンコール19曲の日本武道館公演でさらなる成長を約束
  • 【特集】「遊助」が生まれて10周年 「これまでは使命感でやってきた。今は歌うことが大好き」<※撮り下ろし写真24点>
  • 上地雄輔 同郷横須賀仲間の小泉進次郎議員、西武・秋山、天達天気予報士、ホリケンらと“横須会”
  • 「上地雄輔」しか知らない人にこそ体感してほしい「遊助」のライブの魅力と実力
遊助