水江建太、先輩役者が印象明かす「本当に初めて!?」 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~秋組×冬組×GOD座インタビュー(3)

3/14(木) 18:00配信

“エーステ”大千秋楽への意気込みを語る! (左から)北園 涼、荒牧慶彦、水江建太、中村太郎、河合龍之介、伊崎龍次郎

3月24日(日)に生中継される「大千秋楽生中継!MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~」(昼0:30-4:00※終了時間変更の場合あり、WOWOWライブ)。

【写真を見る】大千秋楽で見せる表情にも注目!

千秋楽公演の生中継を控え、本公演に出演する水江建太、中村太郎、荒牧慶彦、北園 涼、伊崎龍次郎、河合龍之介の対談インタビューが実現。公演中の裏話や各組のエピソード、お互いに対する思いなどを3回にわたり紹介していく。3回目となる今回は、今作で注目を集めた水江に対する先輩の反応、大千秋楽へ向けての意気込みに迫る。

■ 先輩俳優からみた“水江建太”とは?

――今作では、舞台経験が豊富な俳優が多くそろう中で、2.5次元作品は初挑戦となる水江さんのキャスティングが印象的でした。共演者かつ先輩である皆さんは、今回抜てきされた水江さんをどのように見ているのでしょうか。

水江:(驚いて)僕ですか!? 恥ずかしいですね…。

荒牧:単純に役者として「いい役者が出てきたな」と思いました。2.5次元と呼ばれる世界でも、オリジナルストーリーでも、映像でも、いろんなジャンルで活躍できそうな後輩ができたなと感じます。

吸収が早いし、自分なりに創意工夫して頑張っているので。僕が上から言えた立場じゃないんですけど、壁にぶつかっても、その壁をよじよじと登って越えていって…というのを繰り返していけば、すごく光る役者さんです。

水江:(照れながら)なんかこのあたり(脇の下)がかゆくなってきました…! 恥ずかしいな、ありがとうございます。

北園:こういう舞台が未経験だとは思えないですね。カーテンコールが終わって二人で話すところとか、「度胸あるな~」って思いながら聞いています。「本当に初めて!?」って思いながら(笑)。

全員:(笑)。

北園:あと、彼にとって『A3!』に出会えたことが良かったのかな、と思います。役者が育っていくという原作だから、それが建太にぴったり合ったのかもしれないですね。

中村:一緒にやっていて、僕も本当に助けてもらっているし、建太が万里役で良かったなと毎日ひしひしと感じています。

水江:この作品に出合えたことがすごくうれしいし、演出の(松崎)史也さんだけでなく、先輩方も初心者の自分に経験者としてヒントをくださいます。「建太はこうしてみてもいいかも」と言って、そのために自分が何をすればいいかを考えられるので、本当に良い現場にいるなと思います。本当に感謝してます、ありがとうございます。

中村:ありがとな、本当。…好き(笑)。

北園:…誕生日、いつだ?

全員:(笑)。

■ テレビを見て、実際に劇場へ足を運ぶきっかけになれば

――こういった舞台では、千秋楽をライブビューイングすることは多いですが、テレビで生中継することはあまりありません。そのプレッシャーなどはありますか?

荒牧:ライブビューイングする時点で大勢の方に見られているので、ここまで来たら覚悟を決めるというか。さらに多くの方に、“エーステ”の魅力をお届けできたらという気持ちです。

中村:テレビに映るってすごいことですよね。たくさんの人に知ってもらえるきっかけになったらいいですね。

北園:テレビを見て2.5次元というものや舞台に触れて、実際に劇場に足を運びたいという人が増えればうれしいです。

――WOWOWでの大千秋楽生中継に向けて、意気込みをお願いします!

水江:今まで稽古で積み上げたもの、劇場で培ったものを全部詰め合わせます。放送では、僕たちの表情もよく見えて感情をよりお伝えすることができると思うので、ぜひ楽しみにしていてください。

中村:『A3!』はたくさんの方に愛されている作品なので、見てくださる監督の方たちを最後まで裏切らないよう、その期待に応えられるよう精いっぱい頑張りたいです。

荒牧:今までと変わらない熱量と、今までお届けしてきたものの集大成を落とし込んで、MANKAIカンパニー全員で満開の花を咲かせられたらと思います。

北園:「その日できる最高のものをお届けする」というのは変わらず、秋組がワンシーンずつ積み重ねていったものに冬組が上乗せしていって、最後にみんなで大きいガッツポーズをできたらと思います。

河合:「“千秋楽芝居”はしない」とは言え、こういう作品だからこそ、千秋楽で出てきてしまう化学反応が絶対にあると思います。監督にとっては、みんなが変わっていく姿を見られるということが一番幸せな部分だと思うので、ぜひ楽しみにしていてください。

伊崎:MANKAIカンパニーが高い壁を乗り越える過程には、僕たちGOD座のような敵役が不可欠です。僕たちがより高いクオリティーのものを見せながら、MANKAIカンパニーに負けないつもりで演じていきたいと思います。

今作で大抜てきとなった水江を始め、実績を確実に積んだ役者や登場人物に似通ったプロフィールの持ち主など、丁寧なキャスティングと演出、役者の演技が好評を博している本作。その集大成となる大千秋楽では、劇中の登場人物と一緒に成長した役者たちの新しい表情が見られそうだ。

(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 中村太郎、“エーステ”公演中のハプニングで意外な裏側明かす! MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~秋組×冬組×GOD座インタビュー(2)
  • 荒牧慶彦、心打たれた北園 涼の芝居とは? MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN & WINTER 2019~秋組×冬組×GOD座インタビュー(1)
  • 崎山つばさが植田圭輔、最上もがにイジられまくる!
  • 舞台界の麗しき美男子・崎山つばさ、映画初主演で“机蹴り”を披露
  • ついに頂上決戦へ!! テニミュ全国大会決勝は前・後編で展開、前編は7月11日(木)公演開始
水江建太