諏訪彩花、中島ヨシキら「フェアリーゴーン」追加キャストを一挙公開! PVでは妖精が動くシーンも登場

3/14(木) 18:00配信

「Fairy gone フェアリーゴーン」キービジュアル、PVが公開された

4月7日(日)よりスタートするテレビアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」のキービジュアル、PV、追加キャストが公開された。

【写真を見る】P.A.WORKSのオリジナルアニメ、PV公開!

「Fairy gone フェアリーゴーン」は、アニメーション制作会社P.A.WORKSの新作オリジナルアニメーションで、妖精を戦争の道具として自在に操る兵士「妖精兵」たちの姿を描くファンタジー。

キービジュアルでは、主人公・マーリヤ(CV:市ノ瀬加那)、マーリヤと同じく違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊のフリー(CV:前野智昭)、クラーラとセルジュの4人と、マーリヤの妖精・アッシュクラッドにフリーの妖精・レッドフッドが描かれている。

また追加キャストとして、クラーラ・キセナリアを諏訪彩花、セルジュ・トーヴァを中島ヨシキが演じることが決定。さらに「ドロテア」局長兼第一部隊隊長のネイン・アウラー役には園崎未恵、民間の妖精学者ダミアン・カルメ役には子安武人、大戦後は皇帝から特別に領地を拝領した「五公」の一人、レイ・ドーン役には津田英三と、豪華キャスト陣が名を連ねた。

■ クラーラ・キセナリア(CV:諏訪彩花)

違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊隊員。常識人で几帳面。戦争時に妖精兵であったネインに命を救われた過去があり、自ら志願して妖精器官移植術を受け「ドロテア」に入隊する。扱う妖精の相性から、よくセルジュとバディを組まされるが、本人は不満。

■ 妖精“トメリーズ”

クラーラの妖精。潜入、偵察に特化している。特殊な目によって妖精器官を見分けることができる。

■ セルジュ・トーヴァ(CV:中島ヨシキ)

違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊隊員。狙撃の腕は確かだが八方美人で軽口が多く、中身はやや残念。無駄にルックスはいい。クラーラがいない所では、人が変わったように真面目になる。

■ 妖精“ブリンツテイル”

セルジュの妖精。セルジュの腕に絡みつき展開、尻尾弾を回転体として発射する狙撃型の妖精。

■ ネイン・アウラー(CV:園崎未恵)

違法妖精取締機関「ドロテア」局長兼第一部隊隊長。平和のために自分を律し任務だけを全うする仕事人間。“アイネデルンの魔女”とも呼ばれた大戦中の英雄「七騎士」の1人で、妖精武器“アリアドラ”の所有者でもある。

■ ダミアン・カルメ(CV:子安武人)

民間の妖精学者。ヴェロニカと共謀し「黒の妖精書」を収集している。

■ レイ・ドーン(CV:津田英三)

カルオー公。大戦時は「七騎士」の1人として数々の武功をあげた将軍であり、大戦後は皇帝から特別に領地を拝領した「五公」となる。大戦末期、まだ幼いマーリヤとヴェロニカの前で二人の故郷、スーナの森を焼き払った。妖精武器“ソロリアス”を擁する。

■ オズ・メア(CV:間宮康弘)

違法妖精取締機関「ドロテア」第一部隊隊員。巨漢。寡黙な男で、なかなか声を聞かせてくれない。

■ ジェット・グレイブ(CV:東地宏樹)

大戦の英雄、妖精兵「七騎士」の1人。「閃光」の異名を持つ。フリーとウルフランの兄貴分でもあったが、フリーを庇い死亡。妖精武器“ヴェロスティール”をフリーに託す。

テレビアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」の放送は、TOKYO MXで4月7日(日)夜0:00からスタートする。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 新キャラ・森蘭丸役に花守ゆみり!「BAKUMATSUクライシス」最新PV公開&Twitterで描き下ろしオフショットを公開
  • P.A.WORKSの新作アニメ「フェアリーゴーン」4月7日放送開始!! コミカライズも決定!
  • 不朽の名作アニメ「タッチ」がHuluにて独占配信開始!
  • 「転スラ」クライマックス!リムル役・岡咲美保「これからのリムル達の過ごし方を想像させられるような最終話」
  • 「PSYCHO-PASS サイコパス」狡噛役・関智一「監督が相当気合い入ってますので、楽しみにしていてください!」
フェアリーゴーン