こんなの見つけられるか! Indeedの「ワンピース」コラボCMに“パンダマン”、バレなさすぎてお蔵入りの危機

この中のどこかにいるのですが……

 斎藤工さんら扮(ふん)する“麦わら海賊団”の実写化で話題となっている、Indeed Japanの「ONE PIECE」コラボCMシリーズ。同CMの広告ビジュアルに原作にも登場する“炎のアタっちゃん”が隠れていたことが明らかとなりましたが、実はもう1人、あの「パンダマン」も潜んでいたことが判明しました。

【画像】隠れているパンダマン(全4カ所)

 パンダマンとは、「ONE PIECE」に出てくるパンダのマスクを被ったレスラー。作者の尾田栄一郎先生が漫画『キン肉マン』の新超人コンテストのために考案したキャラクターで、本編に絡んでくることはありませんが、ゲームの隠しキャラとして登場したりと、ファンの間では知られた存在です。

 ねとらぼでは、炎のアタっちゃんの存在が明らかになった段階でIndeed Japanに連絡。「パンダマンは隠れていないんですか?」とストレートに聞いてみたところ、「実は……」とその存在を明かしてくれました。どうやら隠れすぎていて、このままどこからも連絡がなければ発表しない予定だったそうです。遊び心の塊かよ。

 明かされたところによると、パンダマンが隠れているのはCMビジュアルを始めたとした公式サイト内の4カ所。一番さくっと見つかるのが、サイトの最下部に描かれたパンダマンで、一番下までスクロールすると右下に発見できます。

 メインビジュアルのパンダマンは、ウソップの左足の右下。岩の模様に溶け込むように描かれており、言われればそうかも……というレベル。さらに、5万部限定で号外として配られた「The World Economic Journal」(サイト内で閲覧可)の裏面4コマの2コマ目と、「『海賊万博』開催か 広がる海賊交流の輪」の見出し記事内にも確認できます。さらに、この号外の番号は「No.81603」。「エイ(8)イチ(1)ロウ(6)オ(0)ダ(3)」と、尾田先生の名前をもじったものになっています。

 ビジュアルの再現度の高さから、「これだったら実写映画化してもいいな」という声まで上がっている同シリーズ。良い意味で、大人たちの本気の悪ふざけが見られるCMとなっていました。

ねとらぼ

【関連記事】

  • 「実写版ナミすぎてびびった」「仕上がり半端ないって!!」 泉里香、実写「ONE PIECE」ナミ姿が次元の壁を越えたと話題に
  • 「本気のカラダ」「完全にナミプロポーション」 “リアルナミ”で話題の泉里香、チョッパーとのオフショットに賛辞やまず
  • 泉里香、新CMで「ONE PIECE」ナミ姿を再び披露! 「食事制限と運動をみっちり」と体作りも明かす
  • 「修行付き合ってくんない?」「無理よ」 実写版「ONE PIECE」CMにゾロ篇&そげキング篇が新登場
  • 「ハッピーかい? ガキども!」 夏木マリ、ヘソ出し姿でワンピース“Dr.くれは”を完全再現
コラボCM