【インタビュー】R-1王者、粗品の圧倒的な“即応力”! オチを本番中に変えていた

「R-1ぐらんぷり2019」で史上最年少王者に輝いた霜降り明星・粗品

ひとり芸ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2019」で史上最年少王者に輝いた霜降り明星・粗品。漫才頂上決戦「M-1グランプリ2018」に続いて、史上初の2冠を獲得した粗品だが、自分よりも相方のせいやを「確実に面白い」と考えているという。

・「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」10組すべての1分動画>>

■R-1挑戦は10回「大会前は復讐に近い感情も」

――「R-1ぐらんぷり」がお笑い芸人になったきっかけと聞きました。M-1優勝とは違った喜びがあるのでは?

粗品:「そうですね。初めて『R-1ぐらんぷり』に出たのは、高校3年生のときです。当時は、ほとんど舞台経験もなく、インディーズのライブにほんの少し出たくらいで。それでもぶっつけ本番で準決勝に行けたので、『俺、お笑い向いてるんちゃう?』って思ったのが芸人になったきっかけです。高校2年生で『ハイスクールマンザイ』の決勝に行ったときも、『俺、おもろいのかも?』となりましたが、高校生で『R-1ぐらんぷり』準決勝進出の快挙は、われながらエグすぎました(笑)。

『M-1グランプリ』は開催されていない時期があったので、僕らは4回くらいしか出場してないんですが、『R-1ぐらんぷり』はアマチュア時代からなので、10回くらい出ています(過去3大会の戦歴は、2016年:準決勝進出、2017年:準決勝進出、2018年:決勝進出)。悔しい思いもしました。特に20歳そこらの僕なんてただの子供だったので、精神的にだいぶこたえましたよ。優勝して気持ちは晴れていますが、負け続けたことで大会前は復讐に近い感情もありました(笑)。ピン芸は1人なんで、余計にきつかったのかもしれないです。」

【インタビュー】R-1王者、粗品の圧倒的な“即応力”! オチを本番中に変えていた(トレンドニュース(GYAO))

「R-1ぐらんぷり2019」で史上最年少王者に輝いた霜降り明星・粗品

■本番直前に描き変えたフリップは? オチも本番中に変更する“即応力”

――コンビとピンでのネタを行う上で、違う点はありますか?

粗品:「コンビの場合だと、相方に迷惑をかけたくないから、ネタ合わせ前にめちゃめちゃ考えて行きます。だからサボれない。でも、ピンって好きなことができる反面、自分だけの問題なんでサボれちゃうんですよ。フリップの絵をギリギリまで描かないこともよくあります。

ただ、ピンの方が融通は利くんです。漫才の場合は、出番直前に変えようとするとミスにつながったりしますが、1人なら変えても問題ない。実は、リハーサルまでに楽屋で1枚描きました。『親子3人が難しい方の“かわ”(河)の字で寝ている』というやつです。他にも、1本目のネタのお客さんの雰囲気を見て、2本目ではフリップの順番を変えたり、今回も本番直前まで追加したり外したりしました。

粗品:「言ってしまえば、ネタ前に変えるだけじゃなく、ネタ中に変えることもできます。オチと決めていたところから足すこともできるんですよ。今回も決勝の2本目は『崖』のフリップで終わる予定でした。でももうちょっとウケそうな気がしたので、『(目が充血したムーミンに)無眠』というのを足したんです。あと2枚くらいは保険も用意していました。いつも多めに用意して本番に臨みます」

次ページは:■「霜降り明星はせいやのコンビ」「せいやのほうが間違いなく面白い」

1/3ページ

【関連記事】

  • ・ファイナリスト達がピン芸人の意地と、今後の仕事をかけて様々なネタバトルに挑戦>>
GYAO