ピエール瀧容疑者には以前から奇行情報…マトリはなぜ“今”動いた

関東信越厚生局麻薬取締部が入るビルから移送されるピエール瀧容疑者(C)日刊ゲンダイ

 コカインを摂取したとして12日、関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)に逮捕された、俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)。マトリは半年以上の内偵期間を経てようやく瀧の逮捕に踏み切ったという。

「マトリは売人などから具体的な瀧容疑者の薬物摂取の情報を得ていたといいます。しかし、コカインは即効性が高い半面、2日程度で体内から抜けてしまい、尿検査に引っ掛からない可能性が高い。体内に何日間も残り続ける覚醒剤の捜査に比べて捜査は何倍も難しいと言われており、今回のマトリの逮捕劇はイチかバチかの賭けでした。自宅や車を家宅捜索したものの“ブツ”が見つからず、任意同行を求めて尿を調べると陽性反応が検出されました。瀬戸際の逮捕だったのです」(捜査事情通)

 瀧容疑者の薬物使用については、業界関係者の間で以前から囁かれていたという。しかしそれは、あくまで“テンションが高いオジサン”程度の噂の域を出るものではなく、なかなか尻尾を出すことはなかった。それは報道機関としてはバツグンの取材力を誇るNHKの“身体検査”にも引っ掛からず、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演していることからもうかがえる。

 ところが、マトリより早く“内偵”を進めていた人物がいる。ベテラン芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

「1年半ほど前のことでしょうか、私は瀧容疑者に近い人物から彼が急に大ハシャギして周りを驚かせてみたり、収録中に突然、胸を押さえて呼吸困難になったりしたことがあったといった“奇行”について聞きました。そこで、瀧容疑者が経営している飲食店まで彼の様子をうかがいに行きましたが、笑顔で接客している姿は見かけませんでした」

 では、なぜマトリはこのタイミングで今回の“勝負”に出て、見事成功したのだろうか。

「15日と16日に電気グルーヴの全国ツアー『電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”』の東京公演を控えていたのがミソだと思います。瀧容疑者は逮捕前日に大阪公演を終えて、妻と中学生の長女が待つ東京に帰ってきたばかりでしたが、ツアー期間中はハイテンションを保ち続けなければなりません。だから“ミュージシャンを薬物で挙げるならツアー期間中”というのが薬物捜査の鉄則とも聞きます。マトリは捜査の経験と実績からセオリー通りに動いたということでしょう」(芋澤貞雄氏)

 それにしても気の毒なのは、瀧容疑者の家族だ。逮捕の瞬間、妻や長女も世田谷区にある約4億円の豪邸でくつろいでいたという。そこにマトリが踏み込んできたのだから、家族にとっては修羅場だったろう。瀧容疑者の“裏切り”もさることながら、これから降りかかる巨額賠償に頭を悩ますことになりそうだ。

【関連記事】

  • ピエール瀧コカイン逮捕で…“トバッチリ”な3人の女優たち
  • コカイン使用は常習か ピエール瀧の“噂”と10億円賠償地獄
  • 興収イマイチも…本格ヤクザ映画「孤狼の血」を評論家絶賛
  • お詫び行脚や金策にも…保釈後の新井浩文を待つ地獄の日々
  • 小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良
日刊ゲンダイDIGITAL