永尾まりや 小悪魔風セクシー衣装に「似合っちゃうな」

永尾まりや

 アイドルグループ「AKB48」の元メンバーでタレントの永尾まりや(24=T158・B80・W60・H85)が11日、都内で行われたカレンダー発売記念イベント(ワニブックス主催)に出席した。

 バレンタインデーを前に、悪魔をイメージしたセクシーコスチュームで登場した永尾は「バレンタインっぽい衣装かと思いきや、小悪魔ということでコレ。本当に嫌で恥ずかしいが、編集者の趣味。でも、似合っちゃうな。しっぽが動くのがかわいい。今年も予想外のことをやっていきたい」と語った。

 体で一番好きなパーツはお尻だとか。「大きめでホクロがあるのがポイント。キックボクシングとパーソナルトレーニングを少々やっている。ほぼ、お尻だけ」と日ごろから鍛えているようだ。

 一昨年、松坂桃李(30)主演のネットドラマ「不能犯」で大胆なセミヌードを披露して以降、吹っ切れたのか露出が大胆になった。「私は水着より下着派なので、下着のカットが多い。レース調とか大人っぽくて上品なものが好き」という。

 今後は「グラビアを極めて、インリン・オブ・ジョイトイさん(40)みたいな独自のポジションを築きたい。インリンさんのさらけ出している感じがすごく格好いい」とグラビア界の頂点を目指す。

 そんな永尾は今年もチョコを手作りする予定。「現役時代はメンバーに渡していたが、今は大量生産して事務所などに配っている。ラッピングはひとつだけ大きい箱を買っているので、それは好きな人にあげたい。熱血教師みたいな熱い方、松岡修造さんみたいな人がいい。私にそういう面がないので。3日間でそんな人をつくって、カレンダーとともに渡したい」と乙女心をのぞかせた。

【関連記事】

  • 安藤サクラ涙 柄本佑と夫婦で受賞「こんなお祭り騒ぎはもうないから」
  • ビッケブランカ ブレークするにつれ父親に変化が
  • 稲垣吾郎は俳優が“天職”「輝かしい思い出に違和感も感じていた」
  • 稲垣吾郎 阪本順治監督を感心させた“待ち時間の行動”
  • AKB48 、 松坂桃李 、 インリン・オブ・ジョイトイ を調べる
永尾まりや