<ひらがな推し>キン肉マン企画に大反響「まじ最高」「激アツ」

2/11(月) 11:25配信

けやき坂46松田好花の画力にも注目が集まった

2月10日深夜に放送された「ひらがな推し」(テレビ東京)で、「キン肉マン」特集をしたところ、ネット上が大盛り上がりとなる事態へと発展した。

【写真を見る】グループ初の写真集を発売した渡邉美穂

2月9日にめでたく40歳の誕生日を迎えた春日俊彰(オードリー)のお祝いとして、この日の「ひらがな推し」は、春日がやりたい企画を緊急実施。それが「『へのつっぱりはいらんですよ!』キン肉マンを習得しよう」だった。

メンバー一同が毎回ポカーンとする“キン肉マン例え”を学んでもらおうと、春日がいつになく流ちょうにキン肉マンの魅力を解説していった。

そんな中、「キン肉マン」では読者が考えた“超人”も実際に採用されていたことから、けやき坂46メンバーも超人を考えることに。

柿崎芽実は「ツインテ脚力超人」、渡邉美穂は「ごはん横取りマン」、新メンバー上村ひなのは「ぐるぐーるマン」、加藤史帆は「ささくマン」を披露。

中でも注目を集めたのは松田好花の「火羅駕那(ひらがな)」。松田は「ひらがなの『ひ』を入れたいなと思って、胴体が『ひ』になっていて、脚も『ヒ』になっていて、手と足から炎が出る」と解説。オードリーの二人を唸らせていた。

ネット上では「BGMもキン肉マンやん まじ最高」「ひらがな推しキン肉マン企画は激アツ」「目指せキン肉マンアイドル」「キン肉マン読みたくなった」「キン肉マン企画は神!」「まさかのキン肉マン企画。見逃さないで良かった」「キン肉マンは神マンガ」など大反響が寄せられた。

その一方、「キン肉マン俺も知らねぇな笑」「全然知らないから何気に勉強になるなw」「俺もキン肉マン全然知らん」「いや、知らなすぎだわ、私」など、けやき坂46メンバー同様、“世代”じゃない視聴者のメッセージも届けられていた。

次回の「ひらがな推し」は、2月17日(日)深夜放送。「スナック眞緒」に高瀬愛奈、東村芽依、加藤史帆が来店する予定。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • けやき坂46加藤史帆、“3期生”上村ひなのへのぷちドッキリを反省
  • けやき坂46渡邉美穂、グループ初の写真集は「307点」
  • けやき坂46井口眞緒の“ハムカツ”に大爆笑「夢に出てきそう」
  • けやき坂46金村美玖、2019年運勢に大喜び
  • 「スナック眞緒」第3弾にファン歓喜『愛萌ちゃんさすが』
ザテレビジョン