安藤サクラ、夫・柄本佑と共に「キネ旬ベスト・テン」W主演賞で号泣

第92回 キネマ旬報ベスト・テン表彰式に出席した安藤サクラと柄本佑

 第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式が10日、都内にて行われ、主演女優賞の安藤サクラと、主演男優賞の柄本佑夫婦がそろって登壇。司会者から二人でステージ中央に来るように促されると、安藤は緊張の糸が切れたのか号泣。柄本と共に受賞を喜ぶシーンが見られた。

【写真】「キネマ旬報ベスト・テン」表彰式 フォトギャラリー

 先にスピーチをしたのは、映画『万引き家族』で主演女優賞を受賞した安藤。「光栄です。ありがとうございます」と挨拶するも「どうしよう。緊張しちゃってうまく話せない」と苦笑い。続けて、劇中演じた柴田信代という役がいまだにつかめず、是枝裕和監督をはじめ、キャスト、スタッフによって導いてもらえたと思っているため「飛び上がって喜ぶことができなかった」と胸の内を明かす。
 
 一方、『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』の3作品で受賞した柄本は「実感がないんです」と正直な気持ちを述べると「でも関係者の方々から、たくさん『おめでとう』という連絡をいただくと、賞というのは周囲の方が幸せになってくれるんだな、いただいて本当に良かったなと思いました」と笑顔を見せた。
 
 続けて柄本は、昨年10月に他界した実母で女優の角替和枝さんに触れ「直接、この賞の報告はできませんでした。でも上(天国)には報告しましたし、今日の式が行われる場所も知らせたので、きっとこの会場のどこかにいると思います。うちの母の口癖が“なんでもない日、万歳”でした。でもさすがに今日は“なんでもなくない日、万歳”といって喜んでくれていると思います」と思いを語っていた。
 
 柄本のスピーチが終わると、司会のフジテレビ・笠井信輔アナウンサーから「少々じれったい、夫婦でのダブル受賞です。前へどうぞ」と促される安藤と柄本。ためらう柄本だったが、安藤は「もうこんなこと一生ないから」と柄本の腕を引っ張り舞台中央へ。そこで「ご主人が賞をとったと聞いたとき、どんな気持ちでしたか?」と聞かれると、安藤は号泣。すると柄本は「ちょっと待って、夫婦で泣いている写真出るぞ」と制するも「でも、こんなお祭り騒ぎないからいいかなと思って」と感情を爆発させていた。さらに、笠井アナは、柄本にも、夫婦受賞の感想を聞くと安藤は「それはいいんです。男はどしっと構えていれば」と発言し、大歓声を浴びていた。
 
 この日は、安藤、柄本のほか、木野花(助演女優賞)、松坂桃李(助演男優賞)、木竜麻生(新人女優賞)、寛一郎(新人男優賞)、川瀬陽太(日本映画監督賞、瀬々敬久監督代理)、内田也哉子(特別賞受賞、樹木希林代理)らも出席。松坂は、安藤と柄本の微笑ましいスピーチに「夫婦っていいなと思いました」としみじみ語っていた。

「2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン」各受賞者
▼作品
日本映画ベスト・テン第1位『万引き家族』
外国映画ベスト・テン第1位『スリー・ビルボード』
文化映画ベスト・テン第1位『沖縄スパイ戦史』
読者選出日本映画ベスト・テン第1位『万引き家族』
読者選出外国映画ベスト・テン第1位『スリー・ビルボード』
▼個人
日本映画監督賞 瀬々敬久『菊とギロチン』『友罪』
日本映画脚本賞 相澤虎之助、瀬々敬久『菊とギロチン』
外国映画監督賞 マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
主演女優賞 安藤サクラ『万引き家族』
主演男優賞 柄本佑『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』
助演女優賞 木野花『愛しのアイリーン』
助演男優賞 松坂桃李『孤狼の血』
新人女優賞 木竜麻生『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』
新人男優賞 寛一郎『菊とギロチン』
読者選出日本映画監督賞 是枝裕和『万引き家族』
読者選出外国映画監督賞 マーティン・マクドナー『スリー・ビルボード』
キネマ旬報読者賞 立川志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」
特別賞 樹木希林

【関連記事】

  • 【写真】舘ひろし、門脇麦、松坂桃李、松岡茉優らが出席した「第61回ブルーリボン賞」授賞式フォトギャラリー
  • 【写真】 東出昌大、役所広司、松坂桃李、松岡茉優、伊藤沙莉らが出席した「第40回ヨコハマ映画祭」表彰式の様子
  • 安藤サクラ、夫・柄本佑と“朝ドラ2ショット” ファン「夢のコラボ」
  • 松坂桃李『居眠り磐音』、まなざしから伝わる優しさと強さ…場面写真初解禁
  • 菅田将暉、超多忙でも「まだ身体も元気」 キネ旬ベスト・テン主演男優賞に感無量
安藤サクラ