MILLEA(ミレア)の移籍第1弾アルバムが完成!リード曲「ヒカリ」では海蔵亮太がコーラス参加

移籍第1弾アルバムが完成

北海道出身の女性ヴォーカリスト・MILLEA(ミレア)の日本クラウン移籍第1弾となる3月6日リリースのアルバム『ライフ・プラネタリウム』が完成。アルバムからのリード曲となる「ヒカリ」ではレーベル・メイトの海蔵亮太がコーラス参加している。

楽曲に込めたメッセージをプラネタリウムに投影される星になぞらえ、人生を映し出す作品にしたいとの思いから「ライフ・プラネタリウム」と名付けられた今回のアルバム。

リード曲の「ヒカリ」について本人は、「人はみんな生きていく中で、寄り道したり、迷子になったり、過ちもあり、時には暗い日々もあります。でも、多くの人との出会いの中で支えられ、励まされ、そんなときがあったからこそ、今があります。夜空に星が輝いているように、暗闇の中でも必ず光を見つけることが出来るはず。そんな思いを作品にしてみました。」とコメントしている。

またCDジャケットもこの度初公開となったが、写っている天体望遠鏡(ビクセン社製)はMILLEAのオリジナルモデルだ。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】

  • 海蔵亮太「愛のカタチ」×岡野雄一「ペコロスの母に会いに行く」コラボMV公開
  • 男装パフォーマンスユニットVipera、新曲「大反省会」MV公開
  • 花柄ランタン、5枚目のアルバム発売発表&新曲MV公開
  • 内田珠鈴「うまく進んでいたはずが」デジタルリリース!MVはスマホでの撮影
  • アニメ「からくりサーカス」EDを発売するロザリーナ、初ワンマンライブ開催決定
ミレア