NGT早川新支配人が劇場でファンに謝罪 第三者委員会の調査結果公表を約束

開演前にステージに登場し、ファンへの説明と謝罪を行った早川氏(C)AKS

 アイドルグループ「NGT48」の研究生メンバーによる公演が25日、新潟市内のNGT48劇場で行われ、今月11日から中止となっていた劇場公演が再開した。

 NGT48では、昨年12月にメンバーの山口真帆(23)が、新潟市内の自宅玄関先で男2人に手で口を押さえられるなどの暴行事件が発生。山口の“告発”により事件が明るみになったことで、大きな波紋を広げた。

 事件の影響で、今月11日から劇場公演が中止となっていたが、この日から再開。今村悦朗氏に代わって、14日から新たにNGT48劇場支配人に就任した早川麻依子氏(44)が、開演前にステージに登場し、ファンへの説明と謝罪を行った。

 早川氏は「このたびはファンの皆さまを始め、県民の皆さま、世間の皆さまを大変お騒がせし、申し訳ございませんでした。山口真帆をはじめ、メンバーのみんなにたくさんの不安を与えてしまい、皆さまにご心配をお掛けしたことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 その後、早川氏は「山口真帆に関して連日たくさんの報道がされておりますが、今、一つひとつ事実確認を行っております。そのような状況の中で、私の方から臆測で何かを申し上げますと、メンバーのプライバシーや将来に関わることになるので、発言は差し控えさせていただいております」と細かな言及は避けた。

 騒動の真相究明のために14日に立ち上げを発表した「第三者委員会」については、人選は最終調整段階だという。

 早川氏は「来週あたまには立ち上げを報告できると思います。調査結果も開示する方向で話を進めていきます」と公表することを約束。

 また、25日以降の公演はすべて研究生公演に変更となっているが、「正規メンバーの公演は、メンバーの状況や周りの状況を見極めつつ、2月をメドに再開できたらと思っております」と説明した。

【関連記事】

  • NGT48「世界の人へ」アナログ盤が「制作上の都合」で発売延期に
  • NGT48暴行騒動で太野彩香と西潟茉莉奈「関与していません」ツイート
  • 凶悪アイドルハンター集団 NGT山口真帆以外にも被害者!
  • NGT48荻野由佳 ネット上の臆測「ファンとの個人的交流」を事務所が否定
  • 劇場支配人 、 暴行事件 、 研究生 を調べる
劇場