フェアリーズ井上理香子「骨折」のおかげでファン倍増

1/13(日) 10:20配信

フェアリーズ井上理香子が地上波ソロ初出演

1月12日深夜に放送された「骨折人生劇場『ホネバラ』」に、ダンスボーカルグループ「フェアリーズ」の井上理香子が出演。骨折にまつわるエピソードを披露し、反響を呼んだ。

【写真を見る】ファンと握手する井上理香子

自身も12回骨折した経験を持つNON STYLE石田明がMCを務めた同番組。その中で「骨折でファンが倍増したアイドル」として登場した井上。

人生初のドラマ収録で雪山にやって来た井上。撮影が始まる際、スタッフに呼ばれた井上は階段を降りていた。すると次の瞬間、足元が滑り転倒。右手に全体重がかかり、右手首を骨折し、全治3カ月の重症を負ってしまった。結局念願だったドラマには出演することができなかったという。

井上は「けが自体がほとんどなくて、初めて“痛い”って思って…激痛でしたね。痛いですね骨折って。手術しました。鉄も入れて…今も入っています」と告白。すると同じく現在も骨折箇所に鉄が入っている石田となぜか「イェ~イ!」とハイタッチする場面も。

ライブ活動はできなかったが、イベントを見学したり、握手会だけ参加したりして当時は過ごしていたとのこと。

しかしその後、骨折したことで井上の人生が激変。ネットニュースに初めて井上の名前が単独で掲出。地元長崎の母は娘のニュースを喜んだとか。さらに握手会に来るファンが倍増、ニュースのおかげで知名度が上がり、ファンがめっちゃ増えたのだとか。

井上は「私に全く興味を持っていなかった他のファンが興味を持ってくれて、大丈夫って声を掛けてくれて、どんどん応援してくださるようになって…増えました」と感謝していた。

また骨折した“おかげ”でプラスになったことも。「ファンが増えたというのもそうですし、両利きになりました! 右利きだったので、左で全部やっていたら両利きになって」。さらに「地上波でソロ(出演)は初めてなんですよ。だから緊張して…ラッキーです」と笑顔を見せていた。

ネット上では「深夜番組らしいなぁ~」「健康第一」「初ソロ見られて嬉しかった」「笑って話せる日が来てよかった」などファンの注目を集めていた。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展【フォトSP】
  • 身長168cmミスFLASH2018保崎麗、モデル張りのプロポーション解禁【フォトSP】
  • 身長168cm、極上アスリートボディー佐野マリア【フォトSP】
  • かわいいのも変なのも?金子理江、トレカ発売イベント写真リポ【フォトSP】
  • キュートな笑顔で魅了、奥仲麻琴【フォトSP】
フェアリーズ井上理香子