下平アナどうする…徳永アナ復帰と夫・長野が移籍のWショック

徳永有美アナ(左)と下平さやかアナ(C)日刊ゲンダイ

 巨人にFA移籍した丸佳浩(29)の人的補償として、広島カープに指名された長野久義(34)。推定年俸2億円以上とはいえ、球界を震撼させた“生え抜き”の移籍劇は、家庭内にも衝撃を与えているという。

 長野の妻は、2015年に入籍したテレビ朝日の下平さやかアナウンサー(45)。巨人入団前の08年から交際をスタートし、ゴールインしているが、結婚後も長野は“夜の帝王”と呼ばれるほど、銀座や六本木などの繁華街で有名な存在だった。

「数年前、長野の誕生日に六本木にある高級クラブで彼の姿を目撃しました。後輩と思われる男性数人と来ていたのですが、ホステスをはべらせ、高額なシャンパンを何本も空けていました。紳士的な飲み方だったのが印象的ですが、自分の誕生日なのに奥さんと過ごさないんだと思ったのを覚えています」(お店で居合わせた客)

 一方の下平アナも友人や同僚と夕食を共にする姿がよく目撃されている。とはいえ、夫婦仲は決して悪いというわけではないようだ。夫婦をよく知る友人はこう話す。

「あの夫婦はいい意味でお互いに干渉しません。まだ子供はいませんが、ひと回り年上の姉さん女房の下平さんがうまく家庭を切り盛りしている。昨年のクリスマスパーティーにも夫婦そろって来てくれたし、仲はいいですよ」

 そんな夫婦に突然訪れた、夫の移籍問題。下平はテレ朝を退社して広島に行くのか、それとも長野の単身赴任となるのか……。

「夫の突然の移籍には、下平アナはかなりショックを受けていました。彼女なりに悩んだようですが、周囲には“私は辞めないわよ”って話しています。やっぱり、“あの女性”が出戻ったからには、意地でも辞められないんじゃないですか」(テレビ朝日関係者)

 その女性とは、昨年10月から「報道ステーション」のメインキャスターに抜擢された徳永有美アナ(43)。ウッチャンナンチャンの内村光良(54)との結婚を機に05年にテレ朝を退社したものの、局の看板番組に戻ってきた。

「内村といえば、下平アナの元恋人だったことは有名な話。徳永アナは夫がいながらそんな先輩アナの元恋人と不倫交際し、最終的には夫と別れて内村と再婚した。そのころから、姉妹のように仲の良かった下平アナと徳永アナの関係がこじれてしまった。現在、下平アナは昼の15分間のニュースを担当していますが、アナウンス技術も下だと思っている後輩の徳永アナが、『報ステ』のメインを張るようになってしまった。下平アナとしては、何とか見返したいと思っているはずですよ」(前出のテレ朝関係者)

 だが、今回の夫の移籍が、下平アナにさらにショックを与えているという。

「今や内村は2年連続でNHK紅白歌合戦の総合司会を務めるなど、お笑い界では大御所といえる存在です。かたや長野は巨人に見限られ、都落ちの格好になってしまった。下平アナとしては、これほど屈辱的なことはないでしょう」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

 長野は巨人だけでなく、妻からも見限られてしまうのだろうか……。

【関連記事】

  • 日テレ幹部は残留に祝杯 水卜麻美アナ“フリー断念”の裏側
  • TBS吉田アナも…フリー飽和時代に退社する女子アナの勝算
  • コンプレックス武器に 高橋真麻のゴールインに父の“教え”
  • NHK桑子真帆アナに独立説急浮上 “ポスト有働”に民放熱視線
  • 河野景子“参戦”で…フリー女子アナ「椅子取り合戦」に突入
下平アナ