地方公務員・くまモンの“ゆるくない”仕事の流儀が明らかに!

1/13(日) 7:00配信

1月14日(月)に放送される「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)でくまモンに密着

1月14日(月)放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(夜10:00-10:45、NHK総合)で、ゆるキャラのカリスマであり熊本県営業部長兼しあわせ部長のくまモンに密着。くまモンのすごさと「くまモングループ」と呼ばれる県職員たちによるプロデュースの裏側が明らかになる。

【写真を見る】全力パフォーマンスで幅広い層に愛されるくまモン!

くまモンは2011年3月の九州新幹線全線開業をきっかけに、熊本県のマスコットとして誕生。関連商品の売上は年々増え続け、今や年間1400億円にのぼっており、リサーチ会社の好感度調査では人気者を抑え、2年連続1位を獲っている。

自治体が作った“ゆるキャラ”がなぜここまでの存在になれたのか、その秘密を探るべく、番組は熊本県職員・くまモンに2か月にわたって密着することに。

言葉を発することができないため、身をよじって落ち込んだ感情を表したり、喜怒哀楽を実に多彩に表現するクオリティの高いパフォーマンスが人気につながっている。小学生をぶっちぎりで抜き去る走力や、1メートル近い跳躍力など、どよめきが起こることもしばしばで、どれだけ規模が小さなステージでも「絶対に手を抜かない」のがくまモン流。

そんなくまモンをプロデュースしているのがくまモンのブランド価値を高めるという使命を背負う「くまモングループ」。生まれた当時の「くまモングループ」は素人公務員の寄せ集めで、イベントに客は集まらず、「税金の無駄遣いだ」というクレームが県庁に来る始末だったが、くまモンとともに街頭に立ち、ふれあう時間を大切にすることで「あのクマはなんだ?」と徐々にSNSで噂が飛び交うようになった。

番組では今回、熊本県庁「くまモングループ」の部屋にも初潜入。プロデュースの裏側を取材し、日本一のゆるキャラの“ゆるくない”仕事の流儀に迫っていく。

(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 市川海老蔵、子供たちの姿に「やっぱ麻央に似てるね」
  • 宇多田ヒカルの創作の舞台裏にカメラ初潜入!トップアーティストの仕事の流儀とは
  • 「NHKっぽさの中にNHKらしくないものを忍ばせるのが僕の理想」【「オドモTV」プロデューサー / 河瀬大作】
  • 笑顔の裏で燃える闘志…“崖っぷちの女王”石川佳純の180日に密着
  • 田中将大メジャー4年目の挑戦に密着!NHK「プロフェッショナル―」
仕事