純烈・友井が黒髪で謝罪 女性問題すべて認め「芸能界引退」発表

目に涙を浮かべた友井

 女性問題で“文春砲”を食らったイケメン歌謡コーラスグループ「純烈」の友井雄亮(38)が11日、都内で謝罪会見を行い「純烈からの脱退」「芸能界引退」を発表した。

 友井は髪を黒く染め、スーツ姿で会場に入り、深く頭を下げた。

「このたび、傷つけてしまった女性の方々、ご家族の方々に深くおわび申し上げます。申し訳ございませんでした」と頭を下げた。そして「本日、お忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。今回の週刊誌に書かれていた女性へのトラブル(DV、使い込み、不倫)は、事実でございます。これまで、純烈として一生懸命頑張ってきたメンバー。メンバーの家族、事務所の方々、レコード会社の方々。各関係者の方々。そして、僕らと一緒に純烈を支えてくださったファンの皆さまへ、こんな形で信頼を裏切った行動をしてしまい、大変申し訳ございませんでした」と事実関係をすべて認めた。

「これまでの自分の生き方や考え方、どこかでズルかった自分。甘さが今回の結果を招いてしまったと今、痛感しています。本日はすべて話し、二度とこんな過ちを犯さないように償いながら生きていきたいと思ってます。どうぞよろしくお願いします」

 そして、報道陣から今後の活動について問われると「純烈としての活動は、自分としては今回の件は僕の一件で、純烈としてのスローガンに反する行動をしてしまったので、僕は純烈を脱退して、芸能界から身を引きます」と語り、改めて確認されても「はい! 引退します」と口にした。

【関連記事】

  • ビジュアル系演歌歌手・最上川司 純烈・友井のスキャンダルに「残念としか言いようがない」
  • 「解決済み」ブログ説明を削除 純烈・友井“多重女性問題”の行方
  • 「本当だったら芸能界抹殺」薬丸裕英が純烈友井のDV疑惑に見解
  • 加藤浩次が謝罪文撤回の純烈・友井に「自分に有利な言い分はやめて」
  • 友井雄亮 、 コーラスグループ 、 謝罪会見 を調べる
純烈