福本伸行が脚本監修 総製作費70億円、中国版『カイジ 動物世界』予告解禁

映画『カイジ 動物世界』メインビジュアル

 総製作費70億円を投じて、福本伸行の人気漫画『賭博黙示録カイジ』を中国で実写化した映画『カイジ 動物世界』が1月18日より日本公開されることが決定。予告映像とポスタービジュアルも解禁された。

【写真】350人のスタッフが4ヶ月かけて作った船内セットも 中国版『カイジ 動物世界』フォトギャラリー

 本作は、シリーズ累計2150万部を超え、テレビアニメと実写映画化を果たした漫画『賭博黙示録カイジ』を“中国完全映像化”したもの。中国の人気俳優リー・イーフォンが主人公のカイジ役を演じるほか、映画『ウォール・ストリート』のマイケル・ダグラスがカイジを追い詰める敵・利根川幸雄の役どころを演じ、日本版で同役を演じた藤原竜也と香川照之に負けない狂気の演技を披露する。原作者の福本が脚本を監修し、映画『スパイダーマン』シリーズや『X‐MEN』シリーズなど、ハリウッドの第一線で活躍するCGスタッフ総勢150人が参加。アカデミー賞受賞スタッフが音楽を担当している。

 定職にも就かず自堕落な日々を過ごしていた青年カイジ(リー)は、ある日友人にだまされ5300万円の借金を負う。借金一括返済のチャンスをつかむため、カイジは「宿命」の名を冠するギャンブル船「デスティニー」に乗り込み、カード12枚を使った「限定ジャンケン」に挑戦。謎の組織が裏で取り仕切るそのギャンブルは、勝てば借金は帳消しだが、負ければ命の保証はない。「負け組」のエース、カイジの命を賭けた究極のゲームの幕が開く。

 公開された予告映像では、グー、チョキ、パー、3枚のカードを出し合い、勝者が敗者の持つ星をもぎ取っていく「限定じゃんけん」中の様子を描写。刻一刻と減っていくカードの残数を示すボード、勝負相手を指さして「イカサマだ!」と叫ぶカイジの姿など、し烈なギャンブルの模様を伝えるほか、激しいカーチェイスや地下鉄の車内と思しき場所でモンスター相手に大立ち回りを演じるピエロも登場。日本版とは一線を画す予告映像となっている。

 また、ポスタービジュアルは、鬼気迫る表情を浮かべて「限定じゃんけん」のパーのカードを掲げ持つカイジの姿をフィーチャー。「ダマせ、裏をかけ。人生を取り戻せ!」というキーフレーズとともに、350人のスタッフが4ヶ月かけて作ったという豪華な船内セットも捉えられており、進化を遂げた『カイジ』に期待が高まるものとなった。

 映画『カイジ 動物世界』は1月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷、同月下旬よりシネ・リーブル梅田で開催される特集上映『未体験ゾーンの映画たち 2019』で公開。

【関連記事】

  • 【動画】『カイジ 動物世界』予告
  • 【写真】『カイジ 動物世界』ポスター
  • 池松壮亮主演『銀と金』、原作者・福本伸行が出演決定
  • 池松壮亮、福本伸行原作『銀と金』実写ドラマ化で連ドラ初主演!
  • 『カイジ』福本伸行&『アイアムアヒーロー』花沢健吾、マンガ家のリアルを赤裸々告白
福本伸行