乃木坂・齋藤飛鳥 成人式で「こびを売ることを覚えました」

素直な発言で笑わせた齋藤飛鳥(中)

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の新成人メンバー7人が11日、東京・赤坂の乃木神社で成人式を行い、1期生の齋藤飛鳥(20)、2期生の伊藤純奈(20)、佐々木琴子(20)、鈴木絢音(19)、寺田蘭世(20)、3期生の梅澤美波(20)、4期生の田村真佑(19)が出席した。

 報道陣から毎年恒例の質問である「このメンバーは何世代ですか?」と聞かれると、代表して齋藤が「1期生から4期生まで全部いるので、『だいたいぜんぶ世代』ですね」と命名した。

 続けて、齋藤は「近くで乃木坂46の過去の写真や資料を展示している『だいたいぜんぶ展』が開かれておりまして。皆さんにも、ぜひ見に来ていただければ」とアピール。スタッフを交えて恒例の質問への答えを考えていたようで、この日からオープンした東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムで「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」への宣伝につなげた。

 また「新成人の抱負」として、齋藤は「飛鳥ちゃん」としたためた絵馬を披露。理由について、「名字で呼ばれるのが得意ではないので、仕事のスタッフさんの方から『飛鳥ちゃん』と呼ばれたい」と願望を明かした。

 さらに、「なりたい女性像」を聞かれた齋藤は、「乃木坂には参考になるお姉さんたちがたくさんいるし、スタッフの方にも大人の方がたくさんいらっしゃるので“いろんな方から吸収したい”(と、こういう場で言う)みたいなこびを売ることも覚えました(笑い)。こびを売ってもいやらしくない女性になりたいですね」と素直な発言で笑わせた。

 他のメンバーも絵馬に「世界平和」(寺田)、「常に感謝を忘れない」(鈴木)、「一つ一つの出会いを大切にする」(伊藤)、「表現力を高める」(梅澤)などと抱負をしたためた。

 寺田は「一人ひとりがこう願っていたら、世界が変わるのかな。“影響力のある人”という意味の『インフルエンサー』という曲で、レコード大賞を頂いたこともありますし、私も乃木坂46として影響を与えられる人になりたい」と瞳を輝かせた。

【関連記事】

  • 乃木坂46新エース筆頭候補 平成の次は齋藤「飛鳥」時代!?
  • 齋藤飛鳥 乃木坂46の展覧会に「何見ても『すげえ』しか出てこなかった」
  • 乃木坂レコ大連覇も越えられないAKBの壁 老若男女に広く知られた曲が…
  • 【レコ大】乃木坂46が2年連続大賞! 白石麻衣「感謝の気持ちでいっぱい」と涙
  • 乃木坂46 、 ソニーミュージック 、 齋藤飛鳥 を調べる
乃木坂