『風の谷のナウシカ』と「下町ロケット」の共通点~自己犠牲こそ相互理解の第一歩~

Hiroshi Abe, October 25, 2017(写真:2017 TIFF/アフロ)

平均視聴率13.6%と好調な実績を残した「下町ロケット2」。
終盤は12.6%→15.5%→16.6%と数字を急伸させた。同時に正月2日に放送された特別編も14.0%と衰えぬ勢いを見せた。
実は同ドラマが多くの人を惹(ひ)き付けるのは、小が大を倒す“TBS日曜劇場×池井戸潤”の勝利の方程式の他に、底流に流れる哲学があるからだ。

【無料配信】「下町ロケット」最新話を配信中>>

それは「下町ロケット」特別編で遺憾なく発揮されたが、実はその2日後に放送された『風の谷のナウシカ』でも色濃く出ていた人生観だ。

■最終回のあらすじ

佃(阿部寛)は、日本の農業の未来を救うべく、300年続いた殿村家の田んぼで「アルファ1」で実験できることになり、製品化を急いだ。
そして首相視察のデモンストレーションイベント当日。到着が大幅に遅れた首相は、敵方のダーウィンのデモを見たら帰ると言い、しかも中小企業を「いじめるなよ」と言い残して去ってしまった。

首相や多くの観客が見ていない中でのアルファ1の走りは順調だったが、ニュースでは全く取り上げられなかった。やがてダーウィンもアルファ1も、発売が来年7月と決定したが、ダーウィン陣営は直後に4カ月の前倒しを仕掛けてきた。

前倒し発売に絡んで、佃製作所と帝国重工の性能評価のテストが行われることになった。
佃製作所が短期間に全社員一丸となってトラブルに対応する姿は、同ドラマの真骨頂だ。そして勝敗がついた際の、藤間社長(杉良太郎)の「問答無用の性能勝負だ。いいね、的場君」と言い置くシーンは圧巻だった。組織で悔しい思いをしたことのあるサラリーマンなら、感動と羨望(せんぼう)のまなざしで見入るシーンだろう。

■特別編が本当の最終回

12月末放送の最終回は、それなりに留飲が下がる出来だが、ちょっと首をひねる終わり方だった。
佃製作所の部品を載せたアルファ1は、ランドクロウと名称を変更して発売になった。そのころダーウィンには大量の予約が殺到したが、モニターの農家からは不具合のメールが何通も来ていたのである。

この思わせぶりなエンディングは、実は正月1月2日放送の特別編に含みを持たせる演出だった。

発売後、佃製作所と帝国重工の無人トラクターは、発売から数週間たっても売り上げが伸びなかった。一方、ギアゴースト&ダイダロスが手掛けるダーウィンは絶好調。
形勢逆転を狙う帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)は、帝国重工の取引先である下請け企業に圧力をかけるやり方で、ダーウィンの在庫を払底させ、ライバルの勢いを止めた。
ところが逆に、的場に恨みを持つ重田(古舘伊知郎)と伊丹(尾上菊之助)は、的場を失脚させることに成功する。両者の闘いは泥沼の様相を呈し始めた。

ところがドラマは、こうした恩讐(おんしゅう)を超えて両者が協力する関係に展開する。佃も気持ちの持ち様を反省するが、重田と伊丹もモノづくりにとって大切な心に覚醒する。
実はそれは、新潟で対立していた殿村と稲本(岡田浩暉)が、台風の直撃を前に再確認したコメを育てることの意味でもあった。

次ページは:■ナウシカの振る舞い

1/2ページ

【関連記事】

  • 平成最後の大みそかに開催された『RIZIN.14』の全試合を「GYAO!」で無料配信中>>
  • ゴルフ歴2年のギャルがベストスコア84!“インスタゴルフ女子“が美腹筋を披露>>
  • EXILE・HIRO、酔って絡んできた素人にまさかの神対応>>
  • 現役女子高生レスラーの逆水平に芸人悶絶>>
  • 美ボディモデル、7年間で体形激変......自慢のヒップは「バリーン! ってなってる」!?>>
トレンドニュース