内村光良も絶賛!堤真一と“ド迫力”殺陣シーンに挑んだ伊藤健太郎『正直できないと思いました』

12/6(木) 20:38配信

内村光良も絶賛!堤真一と“ド迫力”殺陣シーンに挑んだ伊藤健太郎『正直できないと思いました』

「忍べ!右左エ門」のキャスト陣が会見を行った

12月19日(水)にNHK総合で放送されるドラマ「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」(夜10:00-11:10)の試写会が行われ、主演の内村光良、ムロツヨシ、中川大志、伊藤健太郎、塚地武雅、シソンヌ、田中直樹が登壇した。

【写真を見る】塚地武雅の発言に、全員が笑顔に

コント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」(12月18日[火]夜10:00-10:45、NHK総合)の制作陣が手掛ける初の長編ドラマとなる本作は、「LIFE!」の座長・内村演じる右左エ門の活躍を描いた時代劇コメディー。

10年前は忍者だったが、廃業し江戸で居酒屋を営んでいた右左エ門は、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子の序助(中川)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)を捜してほしいと頼まれる。父親が江戸城に囚えられていると突き止めた右左エ門は、長次、序助と共に江戸城に潜入することに。

“廃業忍者”の右左エ門と長次、そして忍術初心者の序助は、江戸城を守る現役忍者の日向(ムロ)や数馬(伊藤)たちとの戦いに奮闘する。

■ こだわり抜いた長期間撮影!その裏では…?

主人公を演じた内村は、「長丁場の撮影でございました。ある日は5時間押しになったり、最初はセミが鳴いていたんですが、最後は寒くて、季節が過ぎていったのを感じました。思い出もたくさん詰まった作品です」と撮影を振り返る。

ムロも「70分の作品なんですけど、1カ月以上撮影しました。普通のスペシャルドラマよりも長かったですね。『LIFE!』がドラマをやると聞いた時には、こんなにちゃんとやるとは思っていませんでした」と、作品のこだわりに驚いたという。

一方で、日向と数馬の上司にあたる大目付・郷原を演じた塚地が「やっぱり大変な撮影でしたね~。日数も時間もかかりましたし、大目付に見えるように体重の方も増やしました」と言い出すと、周囲からは「いや、撮影1日だったでしょ」とツッコミが。それに対し塚地は「1シーンのみの登場なので、撮影は1日だけだったんですけど、皆さんと飲みにだけ行かせてもらいました(笑)。だから思い入れのある作品です」と笑顔を見せた。

■ 内村の殺陣は「ドッタンバッタンしています」

長期間の撮影で作り込まれた同作は、ワイヤーアクションやCGが駆使された派手な殺陣も見どころの一つ。

内村は自身のアクションについて「現役を引退して10年経ったという体力の衰えをいかに表現するかを意識していました。僕の殺陣はドッタンバッタンしています」と演技のポイントを語る。

殺陣の経験はあまりなかったという中川は、「僕以外の方々は皆さん忍者なんですけど、僕だけは『忍者にただ憧れている』という役なんです。だから、技術より気持ちで戦う、思いだけは強いという設定で殺陣をつけていただきました。とにかく勢いでやりました」と感想を。

堤との迫力ある対決シーンに挑んだ伊藤は「最初のアクション練習の時は、正直『できない』と思いました。テクニックも量もすごくて、相当頑張らないとまずいなという印象でした。でも、なるべく美しく見せたいという思いもあったので、指導していただいたアクションに刀を回すしぐさを加えたりしました」と明かす。

そんな伊藤のアクションを内村は「僕のとは全然違う。堤さんと健太郎くんは殺陣がすごいかっこいいなと思いながら見てました」と絶賛した。

■ 1シーンのみの出演でも、思いは強い

登場シーンが少なめな、瓦版屋の下衆屋西之丞役の田中、大奥の女・黄金の方役のじろう、飛脚役の長谷川忍だが、口をそろえて「僕が物語の鍵を握っている」と主張。

田中は「1シーンのみの撮影でしたが、作品に貢献しようと思って演じたので! 時間の問題じゃないんです! その気持ちが画面に出ていると思います」と熱弁する。

さらに、じろうも「ムロさんとのアクションシーンは、自分の中で入念にシュミレーションして、ジムにも通いましたし、見ていただきたいですね」と真剣に言い、相方・長谷川も「僕は役名がないという、非常に難しい役です。田中さんのシーンも重要ですが、僕がもし出ていなかったら、右左エ門はどうなっていたか…迫真の演技になってます」とコメント。

すると、時間の都合で長谷川の言葉で会見が締めくくられることになってしまい、ムロが「いやいや、永野芽郁ちゃんたちの話をしないと! 座長!」と、内村にマイクを渡す。

最後は内村が「永野芽郁ちゃんは、時代物の衣装もすごく似合ってました。まだ19歳になったばかりということで、肌ツヤもすごく良くて、俺の顔死んでるなって…(笑)。老けたな~って思いました。本当にかわいくて、花を添えてくれました。僕と同い年の薬師丸ひろ子さんも出てくださって、スクリーンの世界に生きている人なので、共演できて本当にうれしかったです。でも1番おいしい思いをしたのは古田さんなんじゃないかな(笑)」と会場を笑いに包んだ。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 永野芽郁、「LIFE!」が送る本格時代劇は『現場にくると想像をどんどん超えてくる』<忍べ!右左エ門>
  • 内村光良、古田新太、伊藤健太郎らが“ちっとも忍んでない忍者”衣装をクールに着こなす
  • 永野芽郁「待ち望んでいた式ですね」美しい花嫁姿や中川大志とのオフショットが公開!
  • 「LIFE!」ドラマに薬師丸ひろ子&國村隼の出演決定!『キャスト豪華過ぎ(笑)』と話題
  • 内村光良主演「LIFE!」制作の“忍者”ドラマに古田新太、堤真一、永野芽郁ら出演決定!
ド迫力