福岡出身の女優・奈緒、平成最後のNHK福岡制作ドラマ出演 『福岡美人がゆく!』来春3月放送

福岡出身の女優・奈緒、平成最後のNHK福岡制作ドラマ出演 『福岡美人がゆく!』来春3月放送

NHK福岡制作『福岡美人がゆく!』(2019年3月放送)に出演する奈緒。

 福岡出身の女優・奈緒が、平成最後のNHK福岡ドラマとして、「平成の福岡女子」をテーマに制作される『福岡美人がゆく!』に出演することが分かった。

【写真】福岡出身の梅田彩佳も出演。

 NHK福岡放送局では、16年にわたって福岡のさまざまな地域や事象にスポットをあて、福岡の魅力的な姿や風景をドラマの舞台とし、福岡に生きる人々の姿をいきいきと描き出す「地域ドラマ」を制作してきた。今回、“平成最後のNHK福岡ドラマ”として、「平成の福岡女子」をテーマに来春放送のドラマを制作する。

 平成のはじめに生まれ、まもなく30歳を迎える3人の福岡の男女を軸に、福岡の地で、それぞれがそれぞれの“今”を精一杯生きている姿を描くオリジナルドラマ。平成最後という「時」、福岡という「地域性」、そして「福岡人マインド」…。それらを軽妙に描きつつ、新しい時代に向けて希望を感じられるような、これまでのNHK福岡発の地域ドラマとは一味違う作品になるという。

 物語の中心になる若者3人は、奈緒、梅田彩佳、白石隼也が演じ、宮崎美子、陣内孝則らが脇を固める。脚本は劇団鹿殺しを率いる劇作家で演出家の丸尾丸一郎。12月8日から福岡市・太宰府市・春日市・筑紫野市・新宮町にて撮影予定で、放送は平成31年3月1日、総合・九州沖縄地方 午後7時30分からとなっている。

【関連記事】

  • 注目の女優・奈緒インタビュー
  • 『半分、青い。』で注目の女優・奈緒、週刊プレイボーイでグラビア披露「女性らしい部分を意識して撮影に臨みました」
  • 『半分、青い。』でヒロイン鈴愛の親友・菜生演じる新進女優・奈緒「健さんと矢本さんは…カワイイです」
  • 野島伸司の教え子・奈緒、来年度朝ドラヒロインの親友に大抜擢の新進女優に注目
  • 野島伸司が総合監修を務める俳優養成校から、続々と新人がドラマデビュー 朝ドラ出演者も輩出
福岡出身