超特急・小笠原海、『東京喰種』続編映画で主人公・カネキの親友ヒデ役を続投 

超特急・小笠原海、『東京喰種』続編映画で主人公・カネキの親友ヒデ役を続投 

前作に引き続き、主人公カネキの親友・永近英良(ヒデ)を演じる小笠原海(超特急)

 メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のカイこと小笠原海が、2019年夏に日本公開される映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』で、前作に引き続き、主人公カネキの親友・永近英良(ヒデ)役を演じることが明らかとなった。

【写真】前作のジャパンプレミアムに登壇した小笠原海

 原作は、2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数3700万部を誇る超人気コミックス。2017年7月29日には実写映画『東京喰種 トーキョーグールが世界29ヵ国で公開され、今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。

 食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京を舞台に、人間でありながら喰種としての能力に目覚めた金木研(窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いた本作。主人公・カネキを窪田が演じるほか、カメキの最大の宿敵である喰種・月山習役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役に山本舞香、西尾錦役に白石隼也の出演が決定している。

 今年は超特急の活動に加え、ドラマ『アンナチュラル』(TBS)、『深夜のダメ恋図鑑』(EX)に出演するなど、俳優としても注目を集めた小笠原。続投することとなったヒデ役は、カネキとは正反対の明るい性格で、原作でも人気の高いキャラクター。もともと大の原作ファンである小笠原は、続編で再びヒデ役を演じることについて「心から幸せな時間」と感激の様子。また、出番がない日も現場に行き、一ファンとして存分にその空気を楽しんだとのこと。新たな強敵・月山との熾烈な闘いが繰り広げられる本作において、カネキが唯一心を許せる貴重な存在のヒデ。再び思い入れのあるキャラクターを務める、小笠原の熱演っぷりにも期待が高まる。

【小笠原海/超特急(永近英良 役)コメント】
再びヒデとして東京喰種の世界に帰ってくることができて原作の大ファンとして心から幸せな時間でした!
あの現場の熱量を毎回楽しみにしており、今でも恋しく思います。
ヒデという人物が親友カネキにとっての柱、そしてそっと寄り添える光であれるように、という気持ちで演じさせていただきました。
今作では勝手にカネキと月山さんとで三角関係だと思っていました…(笑)。
前作よりもクレッシェンドしている喰種の世界を皆様に堪能してもらえることを楽しみにしています。

◆映画概要
『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』
原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」 (集英社「ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝、山本舞香/松田翔太
配給:松竹
公開:2019年夏全国公開
(C)石田スイ/集英社 (C)2019「東京喰種 トーキョーグール2」製作委員会

<STORY>
食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

公式サイト:http://tokyoghoul.jp/
公式twitter:https://twitter.com/tkg_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/tkg_movie/

【関連記事】

  • 小笠原海、大ファンだと語る『東京喰種 トーキョーグール』への思いを熱弁
  • 超特急・小笠原海、窪田正孝に顔を舐められるシーン「嫌じゃなかった」と振り返る
  • 窪田正孝、原作者からのサプライズプレゼントに感激 映画『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミア
  • 「超特急」「DISH//」らを輩出/スターダストレコーズ「超ドリームオーディション」
  • 【2018年ヒット&ブレイク特別オーディション】スターダストプロモーション
カネキ