永野芽郁×北村匠海で贈る純愛『君は月夜に光り輝く』特報&ポスター解禁

永野芽郁×北村匠海で贈る純愛『君は月夜に光り輝く』特報&ポスター解禁

『君は月夜に光り輝く』ポスタービジュアル

 女優の永野芽郁と俳優の北村匠海がダブル主演を務める映画『君は月夜に光り輝く』のポスタービジュアルと特報が解禁された。特報では、病院から出られないまみず(永野)に代わってさまざまな代行体験をする卓也(北村)の報告を通じ、心を通わせ合っていく2人の様子が描かれ、はかなくも美しい笑顔を見せるまみずと、彼女を見つめて一粒の涙を流す卓也の姿が印象的な映像に仕上がっている。

【写真】『君は月夜に光り輝く』ポスタービジュアル&メインカット

 本作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA主催)を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写化する青春純愛映画。

 高校生の岡田卓也はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみずと出会う。明るく振る舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない。卓也は病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に引かれていく。しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲い、そして卓也に隠された“ある過去”を呼び起こさせる。

 特報は、まみずが卓也に「私がしたいことを代行してほしいの」とお願いする場面から始まる。遊園地でジェットコースターに乗ったり、カフェで巨大ないちごパフェを注文したりと、さまざまな場所を訪れては代行体験を重ねる卓也。その報告を病室で聞くまみずが「それから?」と先を促したり、「最高だよ」と喜んだりする様子が映し出される。しかし、最後に表示される「彼女はもういない―」というテロップが、物語の悲しい展開を予感させる。

 ポスターは「あなたのせいで、生きたくてしょうがない」というコピーとともに、大きな満月の前で手を取り合う笑顔のまみずと卓也の姿が写された1枚となっている。2人の息をぴったりと合わせないと撮れないポーズだが、永野と北村が互いに「せーの」と声を掛け合うなど明るくなごやかな雰囲気の中で撮影されたという。

 映画『君は月夜に光り輝く』は2019年3月15日より全国公開。

【関連記事】

  • 【動画】『君は月夜に光り輝く』特報
  • 【写真】「永野芽郁」フォトギャラリー
  • 【写真】「北村匠海」フォトギャラリー
  • 永野芽郁×北村匠海W主演『君は月夜に光り輝く』実写化決定
  • 永野芽郁と田中圭が1位! 今年ぐんぐん成長した“出世魚女優・俳優”
クランクイン