テレ朝・玉川徹氏 映像捜査の行き過ぎを懸念「ボクなんか政府の批判できなくなりますよ」

テレ朝・玉川徹氏 映像捜査の行き過ぎを懸念「ボクなんか政府の批判できなくなりますよ」

渋谷ハロウィーン

 6日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」はハロウィーン騒動で4人が逮捕された問題を特集した。

 10月28日に東京・渋谷で軽トラックを横転させたとして4人が逮捕された。また、騒ぎに加わった11人も書類送検される方針となった。

 当日は仮装を楽しもうと4万人が訪れ、繁華街はごった返していた。その中で犯人を特定した警察の執念には称賛の声が上がっている。

 一方、取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏は「治安を維持するという意味で非常に重要」と警察の手腕を評価しつつも、一抹の不安を口にした。

 警察は防犯カメラ250台を解析し、犯人を特定した。個人情報を保持していなくても、映像を頼りに、身元や自宅まで割り出せることを証明した。

 玉川氏は「怖いなと思う」と感想を漏らし、こう疑問を呈した。

「防犯カメラが警察にオンラインでつながってリアルタイムでチェックできるように、したほうがいいという話もあるんですけど、かつAIの技術が進んでいったら、例えば免許証のデータなんかと照合すれば、どの特定の個人がどういうふうに行動しているかなんて全部把握できちゃう。それが本当にいいのか」

 特定の人物を24時間365日リアルタイムで監視することも、技術革新が進めば可能になる。ただ、その分、プライベートは丸裸にされてしまうというわけだ。

 玉川氏は「ボクなんか政府の批判とかできなくなりますよ」と言葉に力を込めた。

【関連記事】

  • テレ朝・玉川徹氏 東名あおり運転の石橋被告に怒り「反省が見られない」
  • テレ朝・玉川徹氏 高速あおり運転裁判で法の不備を指摘「だから微妙な線で戦わなければいけなくなる」
  • テレ朝・玉川徹氏 タクシートラブル否定も羽鳥慎一の突っ込みに絶句
  • テレ朝・玉川徹氏 中国で大炎上のドルガバを批判も論点ずれ続け共演者ため息
  • 玉川徹 、 モーニングショー 、 テレビ朝日系 を調べる
懸念