ジュノン・スーパーボーイGPに北海道出身19歳の松本大輝さん 藤田ニコル早くもぞっこん

左から袴田吉彦、グランプリに輝いた松本大輝さん、藤田ニコル

「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」が25日、東京・渋谷区のEBiS303で行われた。

 武田真治(第2回グランプリ)や袴田吉彦(第4回)ら多くのスターを送り出した同コンテストで今回、見事グランプリに輝いたのは北海道出身、19歳の松本大輝(まつもと・ひろき)さん。

 受賞の瞬間は「やばいっす…」と現実を受け止めきれていない様子。「自分がグランプリになるとは全く想像していませんでした。すいません、しゃべったら泣いちゃいそうになります」と喜びを表した。

 初めての囲み取材も「良くまだ分かんないです」と緊張の表情。応募のきっかけは「お姉ちゃんが応募してたんです。コンテストは自分とはかけ離れている存在だと思っていたんですけど」と明かした。

 審査員として参加した藤田ニコルは「私は審査で一番だったんで、グランプリになってうれしいです。単に顔がタイプっていうのもあったんですけど」と笑わせた。さらに「顔だけじゃないって思いました。ファンの方もたくさんいらっしゃって。私も20歳になりましたけど、キュンとするとは思いませんでした」とすっかりファンになっていた。また、袴田は「すごいドラマがありましたね。昔を思い出しますね」と振り返った。

 なお、準グランプリには愛知県出身の中学1年生、13歳の田村飛呂人(たむら・ひろと)さんが選ばれた。

【関連記事】

  • アパのポイントは“ハコテン”!? 不倫で芸の幅広げた袴田吉彦
  • ガダルカナル・タカが水道橋博士の近況報告 玉袋“退社”は「何も聞いてない」
  • 袴田吉彦がポツリ「なぜか不倫役のオファーがたくさんくる」
  • 壇蜜ズバリ「“おっぴろげ”なんていつまでもやってられない」
  • 武田真治 、 袴田吉彦 、 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト を調べる
ジュノン・スーパーボーイGP